p-home-01.jpg

タグ「エンゲージメント」の一覧


切っても切り離せない成績とお金の関係。

サッカー批評ISSUE67はマネー・フットボール最前線と銘打ってクラブにまつわるお金の話題を特集している。

ただ、特集タイトルと現実は相容れない。
基本的に

  • お金がある=強い
  • お金がない=強くはない

という相関があることは各所で証明されている。

しかし、「お金がない=夢がない」ということではない。お金がなくても愛されているクラブは多数存在する。本誌においても、お金と成績の関係に関するコラムの他に、お金がないクラブの振る舞い方が特集されている。

本エントリーではまずお金と成績の関係について本誌コラムからさらに踏み込んで考察し、次にお金のないクラブについて、最後にその他の特集について順番に取り上げていきたい。

単回帰分析でも明らかに相関のある人件費と勝ち点

本誌P.26-29の「プレミアリーグコストパフォーマンス分析」ではお金と成績の関係が紹介されている。この中で「勝ち点1を取るのに人件費がいくら必要か」という分析がなされているが、これだけでは「なんとなく傾向がわかった」という域を出ない。文責の鈴木英寿氏も「本来であれば前述の放映権と順位の関係も、相関分析という数学的手法を用いて、2変数間の関係を数値で記述するのが、王道である。(P.27から引用)」と断りを入れているように、「なんとなくの傾向理解」以上の分析を試みるためには統計的な手法を用いる必要がある。

そこで、筆者がP.27に掲載されている表2「2011-12シーズン勝ち点1あたりのコストパフォーマンスが高いチームランキング(*)」を使用して、選手人件費と勝ち点の単回帰分析を実施してみた。その結果が下のグラフである。サンプル数は少ないが0.1%水準で有意な結果が出ている。
(*) 本誌では円の小数点位置が一桁ずれている

eng11-12point_salary.jpg

この分析によると、やはり成績と選手人件費は明確な相関(この相関が誤りである可能性は0.1%以下)が出ている。これを用いればシーズンの成績を予想するのは簡単である。

勝ち点 = 29.1 + 0.172 × 選手人件費(億円)

つまり、勝ち点80ほしければ人件費が295億円必要ということである。身も蓋もない話であるが、これが現実ということだろう。

P.30-33の田邊雅之氏による「金を上手に使いこなすクラブ、金に使われてしまうクラブ」にもウェストブロムウィッチ(WBA)会長のこのような言及がある。

プレミアリーグでは、各クラブの資金力がそのまま最終成績に反映される傾向が強まってきている。(P.33から引用)

一方で、同会長はこのように続けている。

我々が目指しているのは、(資金力から自動的に割り出される)順位を超えることだ。デロイテが11年と12年に出したランキングに従えば、WBAは資金力のランキングを5番手も上回る成績を収め続けてきた計算になる。我々は全力で、この状態を維持していかなければならない(P.33から引用)

まったくおっしゃるとおり。先のグラフによれば、マンチェスターU、トッテナム、ニューカッスルなどは「資金力から自動的に割り出される」予想勝ち点を大幅に上回っている。逆にチェルシーやアストンビラは非常に燃費が悪い。

必要なのは勝ち点1あたりのコストパフォーマンス分析よりも、自分のクラブと同程度の資金力のクラブの中で、より勝ち点をあげているクラブにターゲットを絞ってその強さの秘密を紐解くことであろう。

お金のないクラブの地域密着

エンゲージメント(長期的な関係維持)を高める方法を大別すれば「交換」か「統合」しか存在しない。クラブとサポーターやファンの関係も同じである。両者の関係における「交換」とは、勝利、かっこいい選手の存在、優勝トロフィーなどが挙げられる。「統合」とは、まさに地域密着に代表されるような理念とサポーターの意識のベクトル合わせである。

お金のあるクラブは「交換」も「統合」も利用できるのに対し、お金のないクラブは主に「統合」しか利用できない。よって、いかに「統合」するかがお金のないクラブの肝であると言える。では「統合」はどのように行うのか。本誌にもそのヒントが書かれている。

P.62-67の宇都宮徹壱氏による「お金がなくても愛される松本山雅FC」の冒頭に、同クラブ代表取締役社長、大月弘士氏の発言が紹介されている。

「ウチはこれまで『いついつまでにJ1昇格』ということは明確に掲げていません。われわれのプロジェクトの目標は、あくまでもアルウィンを満員にすることなんです。ホームゲームで、常に1万5000人のお客さんが入ったら、選手も頑張るし、入場料収入も増えて強化費により多くのお金を回すこともできる。健全な経営を続けながら、ファンの皆さまに熱い試合を見せていくことが、結果的にJ1への早道だと思っています」(P.64から引用)

アルウィンを満員にするために、いかに地域密着を打ち出してベクトルを統合していくか。これがプロビンチャ(地方の中小クラブ)が生き残るための全てである。

このような考え方の背景には、川崎フロンターレプロモーション部の天野春果氏も著書の『僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ』(筆者のレビュー)で言うように、クラブの事業と強化を分離して考えることから始まる。強化だけに頼るのは前述の「交換」の手法であり、これに頼りすぎると勝てなくなったときにサポーターがついてきてくれなくなる。「強化」が思うようにいかないときでも「事業」がクラブを支える仕組みを作ることが肝要である。

地域密着のためにサッカーに限らない総合スポーツクラブを設立する動きも広がっている。湘南ベルマーレ、アルビレックス新潟、セレッソ大阪などはその筆頭であろう。クラブの事業をNPO法人として切り出す動きも広がっており、クラブの事業モデル策定に詳しい谷塚哲氏はこれをハイブリッド型と呼んでいる。これからのJクラブの経営モデル 〜ハイブリッド型スポーツクラブの可能性〜に詳しく書かれているので参考にしてほしい。

総合型地域スポーツクラブを標榜し生き残りを探っている湘南ベルマーレの挑戦は『崖っぷち社長の挑戦 湘南ベルマーレに懸ける夢』(筆者のレビュー)に詳しく書かれている。前半はJリーグの移籍制度や行政への注文が多い内容だが、後半はNPO化など参考になることが多く書かれている。

ネットワーク理論とサッカー

本誌の第2特集は「サッカーの新常識」。新しい発想や見方でサッカーを見つめる人たちの声に耳を傾けるというものである。

P.73-77の浅川敏文氏による「チームの勝敗を左右するのは2割のハブ=司令塔」が書かれているが、これは筆者のエントリー[書評] サッカーゲームにはハブがあると同じことを言っている。

こういった学術的な観点からのアプローチが増えてくるのは大歓迎。サッカーからネットワーク理論という言葉を知るのも良いが、ネットワーク理論に通じている人がサッカーにその考え方を適用するなど、そういった識者のコラムなど期待したい。



tags エンゲージメント, クラブ経営, サッカーゲームにはハブがある, サッカー批評, ネットワーク理論, プレミアリーグコストパフォーマンス分析, マネー・フットボール, 地域密着


ペップとバルサの真のストーリーを紡ぎだす556ページの超大作。

在籍した4シーズンで14個のタイトルを獲得したペップ・グアルディオラ率いるバルセロナ。サッカー史上最強クラブとの呼び声も高く、また同時に「クラブ以上の存在」というクラブの理念は世界中から賞賛されている。

バルサが他のクラブと一線を画すのは、大別して2つの理由によるものだと考えられる。

1つ目は、内容と結果を両方追い求めるということをチャンピオンズリーグのような世界トップレベルの舞台においても体現したことである。

バルセロナのサッカーについては、本書においてビクトル・バルデスが的確な表現をしている。

まずは自分たちがボールを持たなければならない。そうすれば相手はダメージを受けるし、こちらはすべてをコントロールすることができる。次に大事なのは、中途半端なポジション取りをして、ボールを失わないようにすること。そういう展開になると、危険な状況が生まれるからね。それでもボールが奪われたとしたら、それは相手に力があるからであって、自分たちのミスじゃない。3つ目は敵陣でプレッシャーをかけること。僕たちは激しくボールに食らいつかなければならない。この方法はライカールトの時もやっていたけど、ペップはもっと重視した。(P.189から引用)

一般的にサッカーの得点は、カウンターによる数本のパスから生まれるもの、セットプレー、相手のミス、で8割くらいになると言われている。逆に言えば、キレイにパスをつないで結果生まれるのは2割程度しかない。バルセロナは2割しかない「キレイにつないで崩して得点する」サッカーを体現しながら脅威の勝率(4シーズン通算で7割以上)をマークした点で特異といえる。


2つ目は、価値観の共有という観点で究極までクラブに対するエンゲージメントを高めていることである。

拙ブログからの引用だが、エンゲージメントには「交換」と「統合」の2種類が存在する。

エンゲージメントは人材開発や組織開発においてもトレンドなのでこれからサッカー界でも重要視されるキーワードである。 サッカー選手も労働者である以上、働きたい場所の選択は本来自由のはずである。それをルールで阻止するのは間違っており、チームに留めたいのであれば違う方法を考えるしかない。このやり方には「交換」と「統合」の2種類しかないことが経営学的な通説となっている。「交換」とはチームへの忠誠(エンゲージメント)を金銭や福利厚生など何らかの報酬と交換する方法であり、「統合」とはチームとしての理念や方向性、哲学を労働者(選手)と文字通り統合し、ベクトルをあわせることで金銭を超えたエンゲージメントを共有する方法である。([書評] サッカー選手の正しい売り方から引用)

バルセロナは先にも述べたプレーモデルで世界観を作り出し、カンテラからの生え抜き選手を筆頭にその哲学に共感できる選手で構成されているクラブである。これを実現できているクラブは少なく、ここでも稀有な存在であるといえる。


以上2点の特異性は、ペップという1人の名将に属するものではなく、バルサというクラブが包含しているものである。クライフが青写真が持ち込み、ファン・ハールがメソッドとシステムを進化させたものとも言える。

ではペップはバルサというクラブに何をもたらしたのか。

ペップがもたらしたもの、それはバルサの哲学の完成形を示したことである。

内容の充実と結果を同時に実現し、選手やソシオはもちろん、世界中の人々から賞賛されるクラブ。誰もが憧れるユートピアに限りなく近づいたといって差し支えないだろう。


ペップはいかにしてバルサというクラブを完成形に近づけたのか。そして誰もが気になっている退任の理由とは何か。幼少期から選手時代を経てバルサの監督に、そして退任からバイエルンとの邂逅。それらの一連のストーリーについて、ペップという1人の人間の実像を捉えながら余すところなく語り尽くしているのが本書である。

以下に、いくつか印象に残ったストーリーを紹介する。

バルセロナBの監督就任から始まった成功への下準備

ペップが監督に就任した際に、それまでスター扱いされていたロナウジーニョとデコを放出したことは有名な話である。クラブの方針に従わない選手はスターであれ例外措置は取らないという強烈なメッセージであると同時に、ペップの考え方を周囲に示すのに有効な一手であった。

実はこの放出には伏線がある。

ペップはバルサの監督就任の前年、バルセロナBの監督に就任している。そこで、自身のセオリーの正しさを1年かけて現場で確認しているのである。

グアルディオラは、自分自身と自分の考えを下のカテゴリーで試してみたいという気持ちを持っていた。目的の一つは、自分のセオリーの正しさを確認すること。
(中略)
トップチームを率いることになった場合に直面するであろう問題の解決方法を、試行錯誤して見つけていく。ペップにとってBチームは、そのための格好の機会を提供していた。しかも、スポットライトやメディアの注目を浴びずに様々な方法論を試すことができた。(P.143から引用)

その中でも特に重要であった経験は、リーダー的な存在である問題児の取り扱いについてクライフからのアドバイスをもとに「切った」ことである。

「チームの中に2人、僕がコントロールできる自信のない選手がいるんです。僕の言うことを聞かないし、そのせいで他の選手も同じような態度を取るようになってしまう。問題は、この2人がリーダー的な存在であり、実力的にもトップクラスだということです。彼らがいなければ、きっと試合には負けてしまいます」
クライフの返事は簡潔だった。「2人を外せば良い。1試合か2試合は負けるかもしれないが、いずれチームは勝ち始める。その頃には、2人のろくでなしをチームから追い出せるさ」
ペップはクライフの指示に従って2人を外し、選手たちに監督としての威厳を見せつけた。この決断は他の選手たちへの警鐘でもあった。事実、チームの動きはよくなり、やがて試合でも勝ち始めるようになった。(P.145から引用)

この考え方はペップの基準となり、ロナウジーニョやデコだけでなく、エトー、イブラヒモビッチらの放出にも大きな影響を与えることとなる。

ペップに切り離された選手たち

エトーはペップが監督に就任した際、ロナウジーニョらとともに放出の候補であった。しかしエトーが改心したような素振りを見せたため、一転残留することとなる。シーズン当初はペップのやり方に従おうとしていたが、エトーはやはりセンターフォワードではなくワイドなポジションで使用されることに我慢がならなかった。この点に関してペップは自分のやり方を貫き通している。

グアルディオラの中にはオンとオフのスイッチがある。自分と同じ波長を持つ選手はとことん大事にするが、相手が心のスイッチをオフにし、人間関係の魔法が消えた時には、非常に冷徹な人間としての一面が顔を出す。自分の意見に賛成できないのなら、君はここにいるべきではないとも告げる。エトオに対するペップの気持ちは切れた。同じことは、やがて他の何人かの選手に起きることになる。(P.320から引用)

この「他の何人かの選手」の筆頭がズラタン・イブラヒモビッチである。イブラヒモビッチはエトーとの交換トレードの形でバルサに加入した。しかし、ロナウジーニョやエトーがバルサに合わないのであれば、どう考えてもイブラヒモビッチはバルサという枠に収まる選手ではないだろう。

イブラヒモビッチに関するエピソードは、『I AM ZLATAN』(筆者のレビュー)と併せて読むと非常に興味深い。

イブラヒモビッチは自伝の中で「意見は聞くが、俺流も貫き通す」という哲学を披露しており、この哲学はとてもではないがバルサやペップと相容れるものではない。イブラヒモビッチが悪でペップが善というわけではないが、両者は完全に対照的な存在であり、1シーズンでバルサを離れたのはむしろ賢明であったといえる。


ペップはこのような自身の哲学による世界観の中でバルサという怪物チームを率いていく。

そしてこの哲学こそがバルサ最強の秘密であると同時に、ペップがバルサを去っていく要因にもなっていくのである。

エントロピーの増大がもたらした精神の限界

世界観の構築はバルサの強力な生態系の構築でもある。生態系は世界が閉じているからこそ成り立つものであり、何らかの理由で世界が閉じられなくなったとき、崩壊が始まる。

ペップがバルセロナに就任した当初、その後に中心選手となって活躍していくカンテラ出身の選手たちはまだ「前途有望な若手」という位置づけであった。しかし4シーズンに渡り無類の強さで多くのタイトルを獲得したことで、かつての若手は世界トップレベルの選手として崇められる存在になっていく。

トップレベルになれば、何もかもチームの方針に従うことに無理が生じ始める。そうして、秩序だっていた世界観は、やがて無秩序の度合いが増していくこととなる。

これは物理の世界における法則でもあり、閉じた系においてはエントロピー(無秩序の度合い)は必ず増大するのである。

特に諸刃の剣であったのがメッシである。バルサの攻撃の象徴であり、偽の9番の成功のキーマンである唯一無二の存在。メッシの発言は日に日にクラブにおける重要な位置づけを占めるようになり、やがてクラブはネイマールの獲得においてもメッシにお伺いを立てたほどになっていく。

閉じた系では押さえ込めるエネルギー量に限界があり、ペップはここに頭を悩ませていた。辞任会見で述べた「監督を続けていたら互いに傷つけ合ってしまうことになる」という発言は、メッシを指していると著者のグイレム氏は言う。

こうして、クラブの哲学を徹底的に追求することで実現したペップのストーリーは、哲学の完璧さ故にエントロピーを放出できず、ストーリーの終わりを迎えることとなる。

他にも注目のエピソードが満載

ペップの世界観を外部から破壊しようとしたのがモウリーニョである。モウリーニョとの戦いは多くのページを割かれ描かれている。

モウリーニョは、傑出した選手が独自のサッカー観を体現するバルセロナを打ち破るべく、秘策をすでに練っていた。目標は相手を根幹から揺るがし、特権的な立場から引きずり下ろすこと。(P.384から引用)

また、バルサがペップではなくモウリーニョを監督に据えようとしていたエピソードも興味深い。結果的にペップを監督にしてバルサは成功したが、あそこでモウリーニョが監督になっていたら時代はどうなっていたか。2人の名将のストーリーは現在もバイエルンとチェルシーの監督として続いていて、今後も見逃せない。

他にもカンテラ出身選手との師弟関係、ファーガソンとのやり取り、充電期間を経てバイエルンへの監督就任の流れなど、読者が知りたいと思っている一連のエピソードがすべて盛り込まれている。そして、やがてペップはバルセロナの要職についていくだろうという匂いも感じ取れて、それだけでまたワクワクするではないか。


ここまで内容が濃密な伝記も珍しい。556ページと非常に分厚いが、冗長と感じられる箇所はなく、惹きこまれるように読める。バルサファンならずとも、ぜひとも手に取ってほしい一冊。



tags イブラヒモビッチ, エンゲージメント, エントロピー, カンテラ, クライフ, グアルディオラ, バルサ, バルセロナ, ペップ, メッシ, モウリーニョ, ロナウジーニョ


移籍ビジネスの現状を知るための最高の教科書。

0円移籍という言葉がメディアに登場するようになって久しい。0円という響きがマキャベリズムを感じさせることもあり、0円移籍は善か悪かという対立的構図で表面的に扱われていることも少なくない。本質的な議論をするためには、そもそも0円移籍とは何なのかを知らなければお互い上滑りとなってしまう。

0円移籍の是非について論じる土俵に立つために、基本的なルールからケーススタディまでひと通りの知識がインプットできるのが本書である。特筆すべきは精力的な取材で、「岡崎問題」の当事者である清水エスパルスの会長の早川氏、長友の移籍を成功させたFC東京の強化部長立石氏、日本人初の欧州GMとなった祖母井氏をはじめとする関係各所に自らの脚でインタビューを実施している。そのため、事実関係に加えて当事者しか知り得ない想いや哲学も垣間見ることができ、移籍ビジネスの根の深さを感じ取ることができる。

著者はどちらかといえばFIFAルール適応派

著者本人はFIFAルール(契約満了選手は移籍金0円で移籍できる)への「適応」を推奨している立場だと本書を通じて読み取れる。自らのスタンスを以下のようにあとがきに記している。

欧州や南米の移籍事例で見えるサッカー選手を物や土地のように「売り飛ばす」感覚までも模倣する必要はない。微妙なニュアンスかもしれないが、選手を商品として見る、扱う姿勢はこれからのJクラブに必要だが、日本的なウェットな情の部分も大切なことであり、それを日本独自のオリジナリティに高めていけばいい。その意味でタイトルに「売り方」とは書いているが、行きつくところ、FC東京と長友佑都との関係にあった「向き合い方」が何より大切なテーマではないかと思う。(P.268から引用)

FIFAルールはリーグ、チーム、選手、代理人らステークホルダーにとって必ずしも良いルールではない(*)。しかし、現状それがルールである以上、それに背くようなルールを独自で適用する場合は完全鎖国リーグとして運営する以外にはあり得ない。もちろん国内リーグの隆盛を考えて経営的なルールや移籍についてある程度の「ゆらぎ」を含む余地はあってしかるべきだが、FIFAルールに「国内移籍では」「海外移籍では」といった枕詞は存在しないため、ルールの二重適用はいずれ破綻を招く。グローバル化されている市場において独自ルールを残すことは既得権益をますます蔓延させ、そして長期的な国際競争力を阻害することにつながる。

(*)FIFAルールでは裕福なクラブがますます強くなっていくため批判を受けていたが、UEFAではファインシャル・フェアプレーの導入によって移籍ルールを変更せずに金満クラブ有利との批判を回避しようとしている。
参考)ファインシャル・フェアプレーを理解する4つのポイントと欧州サッカーの今後

ではJクラブはどのような道を模索すべきか

つまるところ、今後Jリーグのクラブが長期的に生き残っていく道は「育成」「地域密着」「チーム理念(哲学)とのエンゲージメント」の3点しかないと思っている。

本人が移籍を希望する場合、基本的にそれを阻害することはできないはずである。それがリーグの隆盛に関わるという大局的な問題は選手個人が抱えるレベルの話ではない。であれば、リーグやクラブとしてできることは育成を促進することである。次なるスターを生み出す環境的な支援。現状のJリーグの新人契約の年俸上限はグローバルに捉えれば明らかに自国リーグでの育成を支援しているとは言えない。いずれルールの変更が必要になるだろう。クラブとしても下部組織を充実させてチームに愛着のある選手を育てることは強化以外の観点でも重要であろう。

強化は常に目指すべきだが、常勝軍団を作り上げることは実質的には難しい。スポーツは盛者必衰の世界である。では仮に相対的に弱体化したときでもクラブを成り立たせる要素は何か。それは、チーム事業としての理念の実現である。
多くのクラブは地域密着を理念として掲げており、地域に根ざしていればJ2に落ちようが勝てない時期が続こうが、サポーターは見捨てたりしない。地域密着については『僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ 』が詳しい。

エンゲージメントは人材開発や組織開発においてもトレンドなのでこれからサッカー界でも重要視されるキーワードである。 サッカー選手も労働者である以上、働きたい場所の選択は本来自由のはずである。それをルールで阻止するのは間違っており、チームに留めたいのであれば違う方法を考えるしかない。このやり方には「交換」と「統合」の2種類しかないことが経営学的な通説となっている。「交換」とはチームへの忠誠(エンゲージメント)を金銭や福利厚生など何らかの報酬と交換する方法であり、「統合」とはチームとしての理念や方向性、哲学を労働者(選手)と文字通り統合し、ベクトルをあわせることで金銭を超えたエンゲージメントを共有する方法である。

「統合」というやり方はキレイ事と揶揄されることもしばしばあり、またサッカーの世界においても「選手寿命が短いサッカー選手は金銭を優先して当たり前」「金銭こそが選手を評価する唯一の指標」との主張が聞かれる。その意見を完全に否定するわけではないが、結局のところ優秀な選手に「チームに残りたい」もしくは「移籍するにしても移籍金を残したい」と感じさせるためには「統合」の観点を戦略的に醸成するしかない。上述の著者の引用の中の「向き合い方」というのは「統合」の観点に他ならないのである。


また、本書の中では「向き合い方」の改善以外にも代理人、契約期間、アジア展開などのより良いクラブ経営への案を多数示している。現状の問題提起だけではなく解決策を示しているという点で著者の誠実なジャーナリズムが詰まった良書である。



tags 0円移籍, エンゲージメント, サッカー選手の正しい売り方, 小澤一郎

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3