p-home-01.jpg

タグ「サッカー選手の育成」の一覧


バルセロナの勝者のメンタリティは如何にして培われたのか。

本書はグアルディオラやビラノバ、メッシ、シャビ、イニエスタをはじめとするカンテラ育ちの選手のインタビューを通じ、バルセロナの育成の哲学を学ぶことを主眼に置いている。技術面や練習のメソッドなどは一切登場せず、サッカー選手として、そして一人の人間としての人格形成まで包含したメンタリティの涵養がテーマである。

本書でたびたび登場するのが若年層における「勝利か育成か」という哲学的な問いだ。目先の勝利を優先すると結果として早熟な子どもを出場させたりフィジカルを押し出したサッカーをしたりと、長期的な育成の視点が損なわれる。一方で育成を優先するとなかなか試合に勝てず、勝つことを通じた喜びや学びが伴わない可能性がある。

日本の高校生世代においても同様の論争が湧き上がったことがある。小峰忠敏監督率いる国見高校がフィジカルを全面に押し出したサッカーで2000年代前半の高校サッカー界を席巻していた。大久保嘉人、平山相太らが日本一に輝いた時代である。

ちょうど同じ時期、日本サッカーは劇的な進化を遂げ、98年W杯初出場から2002年自国開催によるW杯初勝利、そして中田英寿や中村俊輔のような非凡なパスセンスをもったプレイヤーを中心としたポゼッションを伴うサッカーを世論としても志向し始めていた時期でもあった。

そんな中議論の的となったのが国見高校のサッカースタイルの是非である。しかし小峰監督の答えは実に明快であった。

「勝ってから反論してください。」

パスサッカーがそんなにも素晴らしいものであるのであれば、まずは勝ってみてくださいということだ。痛快である。小峰監督の中には勝つことでしか学べないことがあるという信念があったのだろう。
(しかし時代の流れには逆らえないのか、2006年の野洲高校(乾貴士が2年生として出場)や2008年の流経大柏(大前元紀が出場)の優勝とともに、高校サッカー界もパスサッカーを志向する時代へと突入していく。)

バルセロナの哲学は、小峰監督の考えに近い。つまり、勝利と育成は反する概念ではなく、勝利の中に育成が包含されているという考え方だ。

グアルディオラやビラノバはそろって勝利と育成は両立できるものであると言っているが、その言葉の中には勝利こそが育成の近道であるというニュアンスが含まれている。

グアルディオラ「勝つことは優れた育成と両立できる。若い頃からしっかり教育する良い方法は『力を出し切って勝つ』ということに慣れさせることだ。
(中略)
要するに、しっかりやるべきことをやりながら常に勝利を目指すことの大切さを子どもたちに教えることが重要だ。」(P.63-64から引用)
ビラノバ「バルサのカンテラでは常に勝たなければならない。この勝者のメンタリティーはカンテラの若者がトップチームに上がった時に効果を発揮する。」(P.64から引用)

彼らの考えは、仲間や指導者、対戦相手をリスペクトして全力で戦い、バルサの哲学を守った形で勝つことそのものが育成であるということである。ここから読み取れるのは、「育成を優先すれば勝利は二の次でもよい」という考えは甘えであり逃げであるということだ。志向するサッカーはクラブ(や学校)の哲学に沿えばよい。なにより大切なことは、その哲学に則りながら勝つことで勝者のメンタリティを養うことであり、それこそが育成に他ならないとバルセロナは教えてくれる。

また、プジョルやシャビ、イニエスタ、メッシらのインタビューから、如何にしてバルサの哲学が養われていったのかの過程を選手目線から追いかけることができる。

ルイス・エンリケ、アモール、マジーニョなどバルセロナで活躍した往年の名選手も登場(さらに昔の選手も多数登場するが恥ずかしながら僕は知らない選手ばかり)し、古残のファンも懐かしながら楽しめる内容となっている。



tags FCバルセロナの人材育成術, カンテラ, サッカー選手の育成, バルサ, 勝者のメンタリティ


本書は清水エスパルスで監督を経験したゼムノビッチ氏による日本サッカーの育成に対する提言書である。いわゆる戦術やピッチ上で起こるプレーについて解説する類の本ではない。

ゼムノビッチ氏のロジックは明確である。

  1. 守備を固める戦術を貫き通せばワールドカップでベスト16に入ることはできる。それは、2012南アフリカW杯における日本や、過去のW杯におけるパラグアイが示してきたことである。
  2. その一歩先、ベスト8に入るためにはよほど運がよいケースを除けばブラジル、オランダ、スペイン、ドイツなどの強豪を倒さなければならない(2012南アフリカW杯でパラグアイがベスト8入りしたのは相手が日本であったというラッキーが存在する)。
  3. 一歩先に進むために必要なことは得点力の向上、特に、プレーメーカーとストライカーの育成である。すなわち、育成を整えなければ、明るい未来はない。

ただし、本書に書かれている内容はあくまで「(強豪である)ユーゴスラビアではこのような育成が行われている」という事例の紹介である。本書の16ページにもいわば「前置き」といった形で以下のように書かれている。

この本では、ヨーロッパと日本の違いについて掘り下げていきたい。それはどちらがいい、優れているということばかりでなく、単純な"違い"でもある。ヨーロッパにはない、日本のいいところもたくさんある。ただし、これから日本がさらに上を目指し、W杯でベスト8以上を目指していくのなら、ヨーロッパで当たり前なのに日本ではそうでないという部分に注意を払うべきだろう。

本書の内容はストライカーやプレーメーカーの育成、コーチの心得、Jリーグへの提言など多岐に渡っており、例えば以下のような内容についてゼムノビッチ氏の経験談が語られている。

  • 紅白戦の途中で何対何なのか分からずにプレーしている選手がいることの弊害
  • 旧ユーゴスラビアでは試合中に声を出してボールを呼んだFWは即交代
  • 日本の育成年代の根本的な問題は公式戦が少なすぎること
  • 1歳単位のリーグ戦を導入することはヨーロッパではどこでもやっている

確かに科学的という内容ではない。そういう意味で、本書はケーススタディである。旧ユーゴスラビアの事例を知り、それを知った上で読者である我々が日本のサッカーについてどのように考えるのかまで思いを巡らせなければ、本書は単純な「元Jリーグ監督のヨーロッパ自慢」に成り下がってしまう。

幸い、日本にはストイコビッチやオシムという旧ユーゴスラビア出身の達人がプレイヤーや監督として仕事をしてくれている。おかげで、旧ユーゴスラビアに対するイメージは一歩進んだ「サッカー先進国」である。その旧ユーゴスラビアの事例に耳を傾け、それから日本との違いを考えるという工程はサッカーを考える上で非常に重要な体験であるように思える。

サンデル氏のように哲学的な内容の書籍ではないので、タイトルに期待しすぎてはいけない。



tags これからの日本サッカーの話をしよう, サッカー選手の育成, ゼムノビッチ, 旧ユーゴスラビア

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3