p-home-01.jpg

タグ「サンフレッチェ広島」の一覧


170センチのストライカー、佐藤寿人の思考とは。

2012年までにJ1/J2合計で167得点。これは歴代トップの記録である。2013年は15節終了時点で12ゴール決めており目下得点王、10年連続2ケタ得点を達成した佐藤寿人の勢いはとどまるところを知らない。

そんな佐藤寿人は、小さなころから身長によるコンプレックスとずっと戦ってきたという。しかし、技術は練習で磨けても身長はどうすることもできない。そこで佐藤寿人が意識したこととは何か。

本書はタイトルにもある通り、「小さくても、勝てる。」という佐藤寿人が歩んできた歴史そのものを本人の視点で語り尽くしたものである。

すべてのゴールを言葉にして説明できる

佐藤寿人曰く、ごっつぁんゴールでさえ説明が可能とのこと。ここに、佐藤寿人がプロとして活躍を続けられる所以がある。

そんな僕がプロとしてここまでやってこれたのは、ゴールを奪うために、「思考」することをやめなかったからだと思う。僕は壁にぶち当たるたびに、挫折するたびに、どうプレーしたらいいか、ずっと考え続けてきた。(P.3-4から引用)

動き出しの早さや得点する感覚などは、すべて思考の結果、そして経験から培われたものであって、それが佐藤寿人をストライカーとして成り立たせているということなのだそうだ。だから、テレビで海外のサッカーも観る。そこに上手くなるためのヒントがあるから。バティストゥータやインザーギには随分と感化されたようである。

だからこそ、こんな発言を力強くできるということなのだろう。

2012年シーズンは34試合に出場して22ゴールを決め、初めてJ1得点王になることができた。その22得点すべてが偶然生まれたものではなく、考え、準備し、そして動いたからこそ生まれたゴールである。(P.58-59から引用)

双子の兄勇人の存在、そしてキャプテンとして

本書では本人ならでは、という佐藤寿人ファンにはたまらないエピソードも多数盛り込まれている。その中でも際立つのが、双子の兄である佐藤勇人との関係だろう。お互いライバルでありながら仲間、そしてかけがえのない兄弟でもある。佐藤勇人がジェフ千葉の一員としてJ1/J2入れ替え戦に挑んでいる同じ時期に、佐藤寿人はJ1で優勝争いの佳境を迎えていた。

そんな状況における2人のメールのやり取りが全文公開されていて、思わず目頭が熱くなった。やはり兄弟っていいな、とそう思わずにはいられない。

また、キャプテンとしてどのような考えでチームを引っ張っているかについての言及も多い。特に、自分自身が若い頃に試合に出られないような経験もしていることから、若手には気を使いながら気持ちを汲んで接しているようだ。ただ、漠然と練習していても成長はないので、そこは奮起を期待しているようである。

監督から与えられたトレーニングメニューをただ漠然とこなすのと、これは試合の何をイメージしているのか、どういう状況に有効なのかを考えて練習するのとでは、吸収できる量や質が違ってくる。(P.138から引用)

これはビジネスでも同じことが言える。単に与えられた業務をこなすだけの人と、全体像や自分の仕事のアウトプットが何に使われるかをイメージして仕事している人とでは、成長のスピードがまったく異なる。この辺り、若いころはイメージしにくい人もいるので、キャプテン佐藤寿人みたいな人に早く出会えているということは選手にとって幸せなこと。そこから第二第三の佐藤寿人が出てくることを祈るばかりである。

全体を通じて伝わってくる誠実さ

佐藤寿人は、なんとなく愛されているイメージがある。サンフレッチェのファンではなくても、佐藤寿人のことを悪く言う人は少なくとも出会ったことがない。得点を量産しているのに代表になかなか呼ばれないという悲劇のヒーロー的な側面が日本人のメンタリティにあっているのかもしれない。

ただ、本書を読めば愛される理由が決してそれだけではないことが分かる。J2降格の憂き目にあったときの本人の選択。海外クラブからの打診への対応。お金よりも大事なものがあると、言い切れる心意気。

もちろん、お金を大事にしている選手が悪いわけではない。ピッチで結果を出すことが選手としては最優先事項だから、それ以外の要素に部外者がとやかく言うことはできない。しかし、にじみ出る人の良さというか、他人思いで誠実なところ、これが惹きつけているのだと思う。そういった側面も本書からしっかりと受け取ることができる。

今後佐藤寿人の代表招集はあるのか

これはまた別途記事をあげようと思っているが、ザッケローニが佐藤寿人を使うことは、おそらくないと思う。ただ、7月末に開催される東アジア選手権、これに招集される可能性はおおいにある。そこで結果を残せるか。己の力を試す機会もなく2014年を過ごすのではあまりにかわいそうである、というくらいの実績をもった選手。活躍を楽しみにしたい。



tags サンフレッチェ広島, 佐藤寿人, 小さくても、勝てる


就任1年目でJ1優勝した森保一監督の流儀。

本書は、J1の2012シーズンで優勝を飾ったサンフレッチェ広島の森保一監督による「大切にしていること」集である。ヴァンフォーレ甲府の城福浩監督が2012年6月に『Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法』を上梓した際には「日本人監督で現場に立ちながらサッカー本を出した人はいない」と言っていたが、その後に川崎フロンターレの風間八宏監督、そして意外(と言ったら失礼か)にも森保一監督も出版することとなった。今後もこの流れは続きそうである。

城福監督も森保監督も戦術面の際どいところには触れずに、自身が監督を続けていく上で大切にしていることを綴っている点で著書の系統は似ている。しかし、その構成は両名の思考スタイルの違いもあってか、かなり異なるものとなっている。

城福監督は熱い情熱の持ち主である一方でロジカルな思考の持ち主である。何か発言するときはその拠り所を明確にするし、主張には根拠を必ず添える。城福監督のことを誠実である、と表現するときはどちらかというとアカウンタビリティ(説明責任)のようなものを大切にしているところや責任感が人百倍強いといったイメージが先行している。

森保監督はもちろんロジカルに考える御仁ではあろうが、どちらかというと帰納的なアプローチで発言することを厭わないタイプである。日本代表や所属クラブでキャプテンを務めたことなどの経験から自分が正しいと思っていることを素直に発言している。森保監督の誠実さは、正直で素直で真面目というニュアンスが含まれる。

このタイプの相違は、著書の目次構成から推し量ることができる。

城福監督の『Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法』の目次

  1. チーム編成論
  2. マネジメント論
  3. 采配論
  4. 戦術論
  5. 育成論


森保監督の『一流(はじめりゅう)』の目次

  1. 選手全員の力を伸ばしてあげたい
  2. 始動
  3. 新人監督としてのテーマ
  4. 継承と融合
  5. いい続けたこと
  6. 自然体
  7. 安定感
  8. 捨てる勇気
  9. カメのごとき歩み
  10. 回想


もちろん、前者は城福監督が自身の思考スタイルを整理して体系的に示すことを目的としたもの、後者が時系列の歩みも含めながら順を追って説明したものであるというそもそもの目的の違いもある。編集の好みもあるだろう。それにしても、この相違は両監督のタイプを如実に表していると言って差し支えないはずだ。

森保監督の素直な側面は本書内でも随所に登場する。

まずは、誰を先発メンバーで使うか。チームがうまく機能している場合には、あまりメンバーをいじらないのが鉄則とされる。ただし、調子がいいとしても、悩むときは悩む。
控えメンバーにすら入れてやれない選手たちのことを思うと、正直つらくなってくる。この作業って、オレの性に合わない、オレって監督に向いてないのかもしれないなどと考えてしまうこともある。(P.90-91より引用)
ボクは、試合が始まるとついつい叫びまくって指示を与えてしまう。選手たちと一緒になって戦っている気持ちになるからだ。でも、それがプレーを判断する選手たちの目をくもらせてはまずい。
あるとき、「大丈夫?オレ、うるさくない?うるさかったら、そういってくれよ。(指示出しを)やめるから」と選手たちに聞いたことがあった。
「いや、大丈夫ですよ。一緒に戦いましょう」
なんて監督思いの選手たちなんだ!(P.107より引用)

それでも森保監督がチームを牽引しているのは高いレベルでの自己認知を伴っていたからだ。自身が優柔不断で元来決断が遅れがちなタイプであるからこそ仕事としての決断ははっきりしていると言及しているし、以下のような発言もある。

そもそも話すのを得意とするわけではないボクにとって、伝えることの難しさはたぶん永遠の課題といえるだろう。変にうまく話そうとするよりも、とにかく素直な感情で、真摯にストレートに伝えることを心がけている。(P.113より引用)

新人監督としてJ1を制覇した手腕は見事であり、その哲学や優先順位に耳を傾けることは監督という立場を超えて社会人として参考になることも多い。

なお、著者の印税は東北地方におけるサッカー復興のために活動する団体東北人魂に全額寄付されることになっている。



tags Jリーグ監督, サンフレッチェ広島, 一流(はじめりゅう), 城福浩, 森保一

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3