p-home-01.jpg

タグ「トランジション」の一覧

ご存知の通り日本は2014ブラジルW杯でグループリーグ敗退。1分2敗の勝ち点1、得点2に対し失点6という数値は「惨敗」という表現を使って異論ない結果だろう。

これでザッケローニ体制の4年間のプロジェクトは幕を閉じた。筆者は日本のグループリーグ3試合をすべて現地で観戦し、少なからずショックを受け帰国の途についた。ただ、コロンビア戦の敗退から2週間が経ち、時間という薬が少しずつ敗戦のショックを和らげてくれていることを実感しつつある。この4年間の総括をして次につなげようという巷の流れに徐々に乗っかっていこうと思う。

IMG_1825.jpg 2014年6月24日 日本VSコロンビア@アレーナ・パンタナールにて試合終了後筆者撮影

自分たちのサッカーという曖昧さ

どうやら日本サッカーを取り巻く空気は「自分たちのサッカー」なんて糞食らえ、のようである。日本が基準としているプレーモデルについて具体的な言葉を使わず、「自分たちのサッカー」という曖昧な表現が席巻していたため、「何それおいしいの?」という揶揄に火がついたようだ。

そこで筆者なりに「自分たちのサッカー」とは世間的にどのように理解されていたのかの整理を試みたい。そのためにはサッカーという競技における次の特性を踏まえる必要がある。

サッカーには、ボールを保持している攻撃の状態、ボールを保持していない守備の状態、その移り変わりの瞬間であるトランジションの状態の3つの状態が存在し、それぞれが排他的な状態として成立している。また、トランジションについてはボールを奪った瞬間のポジティブ・トランジション(ポジトラ)、ボールを失った瞬間のネガティブ・トランジション(ネガトラ)に分けられる。

現代サッカーにおいては、トランジションを活用する/活用させないことが試合の鍵を握っている。このあたりは『アンチェロッティの戦術ノート』が詳しいので引用しておく。

サッカーにおいて、攻撃と守備という2つの局面は、例えばアメリカン・フットボールや野球のようにはっきりと区切られているわけではなく、常に入れ替わりながらゲームが進んでいく。そして、プレーの展開が最も不安定になり、コントロールを失いやすいのは、まさにこの2つが切り替わった瞬間である。

組織的な守備が発達し、一旦相手が守備陣形を固めてしまうとなかなかそれを崩すことが難しくなる現代サッカーでは、攻守が入れ替わる一瞬に生まれる「戦術的空白」を攻撃側がどれだけ活かせるか、そして守備側がいかにそれに対応するかが、非常に大きなテーマになっている。

近年の戦術をめぐる議論では、この攻守が切り替わる瞬間に焦点を絞って、移行、転換といった意味を持つトランジション(イタリア語ではトランジツィオーネtransizione)という用語が使われるようになっている。(P.65-66から引用)

さて、ここで「自分たちのサッカー」である。

日本が「自分たちのサッカー」というとき、これはボールを保持している攻撃の状態(ポゼッション時)における振る舞い方を指している。試合の多くの時間においてボールをポゼッションし、その状態において相手を揺さぶりながらときにリスクをおかすプレーを選択し相手の陣形を崩して得点を目指す、そういった一連のプレーを指していると思われる。

コンフェデのイタリア戦は敗戦であったものの、「自分たちのサッカー」ができていたという意見は大勢を占めるはずである。ではイタリア戦で「自分たちのサッカー」が体現できていたのはどのようなプレーから想起されるかと問われれば、試合終盤に圧倒的にボールを支配してイタリアを押し込んでいたときだろう。

ここでミソとなるのは、非ポゼッション時やトランジション時の振る舞いは「自分たちのサッカー」には含まれていないということである。

つまり、ポゼッションができないと「自分たちのサッカー」は発動できない。

そのため、日本は必然的に強豪や格上相手にポゼッションで上回られると、「自分たちのサッカー」をしていない、あたかも戦う気持ちすら失ったように見えてしまうのである。

コスタリカのサッカーは非ポゼッションとポジトラにあり

翻ってコスタリカである。死のグループと呼ばれたグループDにおいてイングランドとイタリアを差し置いて決勝トーナメント進出。それも1位抜けである。決勝トーナメント1回戦ではレシフェの地にてギリシャとPK戦を演じ、見事にベスト8進出。大会前の親善試合で3-1で勝利を収めた相手ということを考えれば、何ともやりきれない気持ちになる。

そのコスタリカはベスト8でオランダと対戦し、死闘の末に0-0のPK戦にまで持ち込むことに成功。PK戦ではファン・ハールの「PK戦要員GKクルル」の奇策の前に惜しくも敗れたが、その健闘に世界中から拍手喝采であったことは記憶に新しい。

さて、コスタリカはなぜここまでの「名誉」を手にすることができたのだろうか。

その理由は、コスタリカの「自分たちのサッカー」にある。

コスタリカのサッカーは、相手にポゼッションさせ、それを巧みなラインコントロールと5バックによって固めたブロックで守りきり、あわよくばカウンター(ポジトラ)で得点を取るということを目指している。

つまりコスタリカは相手が強ければ強いほど、同時に「自分たちのサッカー」を発動できるのである。「自分たちのサッカー」によってオランダ相手に幾度のピンチを凌ぎ切り、最後はPK戦にまで持ち込むことができた。当然「出しきった」と見えるし、健闘の末に敗れた勇気ある敗者と映ることだろう。

なにも筆者はコスタリカのサッカーを否定しているわけではない。5バックでラインコントロールをすることや、いくら引いて守っているとはいえ競合相手に少ない失点でおさえることが難しいことは知っている。ただ、日本とは目指す試合運びが大きく異なっていたということは間違いない。

我々はこの4年間、守り切って勝つサッカーを志向してきたのか

断じて違うだろう。

4年前の南アフリカではアウェーのW杯における初勝利や初のグループリーグ突破といった経験をすることができた。しかしそのプレーモデルは必ずしも我々が期待するようなものではなかった。

では南アフリカを受けてこの4年間我々はどのように過ごしてきたのか。ザッケローニの選択はいわゆる現在の我々の共通認識である「自分たちのサッカー」をするという我々が歓迎する内容であった。それを我々は幸福な4年間として享受してきたはずである。その証左として、この4年間でアジアカップを制し、東アジアカップを制し、韓国には一度も負けていない。こんな素晴らしい4年間がこれまでにあっただろうか。

コスタリカは確かに素晴らしかった。そこに異論はない。ただ、コスタリカの姿を見て「素晴らしい去り方」と捉え て日本も見習うべき、という論調には筆者は同意できない。

これからの4年間を過ごすにあたって

これまで通りの「自分たちのサッカー」は貫いてほしいとともに、もはや世界のサッカーは「なんでもできないとダメ」の様相を呈している。当然、ポゼッションが思うようにいかないときもあるだろう。そんなときに、トランジションを活用するサッカーができるか。次の4年間で追求していくべきひとつのテーマであろうと思う。

また、ポゼッションを志向するプレーモデルの選択は、アジアという特性も少なからず影響している。日本はアジアでは無双を誇っており、必然的にポゼッションする時間が多くなる。ドン引きしてくる相手に勝つために、日本はある程度ポゼッション志向のサッカーを少なくともアジアでは展開する必要がある。

このアジアという地理的特性を、我々は歓迎すべきであるし、おおいに活用すべきである。

コスタリカやギリシャなどがなぜポゼッション志向ではないのか。それは、W杯予選にひしめく強豪たちとの激戦を勝ち抜くために、ポゼッション志向を選択する余裕がないためである。予選を勝ち抜くための知恵として、長いことをかけて国民にも刷り込まれていったプレーモデルが引いて守ってカウンターというサッカーなのである。

日本は、少なくとも現時点では、プレーモデルを選択することができるという幸運に恵まれている。

J2でプレーモデルを確立してJ1昇格1年目で優勝した柏や広島のように、我々にはポゼッションを公式戦を通じて確立する時間が与えられている。これを活かさない手はない。

まだ次なる監督は定まっていないが、また4年間楽しい冒険をさせてくれる監督であることを切に願う。ロシアの地で「自分たちのサッカー」で歓喜をあげられるように。



tags コスタリカ, ザッケローニ, トランジション, ポゼッション, 日本代表, 自分たちのサッカー

バルセロナやバイエルン、ドルトムントなどのサッカーを見て「まるで攻守の切り替えという概念が存在しないようだ」と評しているのを目にすることがある。

ここでいう攻守の切り替えは俗にいうネガティブ・トランジション(ネガトラ)のことである。ボールを失った途端にプレスをかけてボールを奪い返す一連の流動性が、攻撃時の流動性と同質に感じるのでそのような印象を抱くものと思われる。ゲーゲンプレスとかカウンター・プレッシングとかハイライン・プレッシングとかいろいろ呼ばれ方はあるようだが名称は共通認識があれば何でも良い。

本エントリーでは、攻撃、守備、トランジションというサッカーの試合における各フェーズについて整理しつつ、なぜ冒頭のチームのプレスが「攻守の切り替えがないように見える」のか私見を述べたい。

攻撃か守備か、その合間かの3つしか存在しない

サッカーにおいては、ボールを保持している攻撃の状態、ボールを保持していない守備の状態、その移り変わりの瞬間であるトランジションの状態の3つが存在する。トランジションは、ボールを奪取した瞬間の守備→攻撃の移り変わりをポジティブ・トランジション(ポジトラ)、反対にボールを失った瞬間の攻撃→守備の移り変わりをネガティブ・トランジション(ネガトラ)の2つに大別される。

このあたりの整理は『アンチェロッティの戦術ノート』が詳しいので引用しておく。

サッカーにおいて、攻撃と守備という2つの局面は、例えばアメリカン・フットボールや野球のようにはっきりと区切られているわけではなく、常に入れ替わりながらゲームが進んでいく。そして、プレーの展開が最も不安定になり、コントロールを失いやすいのは、まさにこの2つが切り替わった瞬間である。

組織的な守備が発達し、一旦相手が守備陣形を固めてしまうとなかなかそれを崩すことが難しくなる現代サッカーでは、攻守が入れ替わる一瞬に生まれる「戦術的空白」を攻撃側がどれだけ活かせるか、そして守備側がいかにそれに対応するかが、非常に大きなテーマになっている。

近年の戦術をめぐる議論では、この攻守が切り替わる瞬間に焦点を絞って、移行、転換といった意味を持つトランジション(イタリア語ではトランジツィオーネtransizione)という用語が使われるようになっている。(P.65-66から引用)

攻撃は液体、守備は固体

ここで、攻撃と守備を物理現象に置き換えて例えてみたい。物理現象といっても難しい話ではなく、小学生の理科で習う液体や固体の話である。

攻撃には「流動的」「流れるようなパスワーク」といった表現があるように、液体の動きに例えることができる。

守備には「守備ブロック」「硬い守り」といった表現があるように、固体の振る舞いに例えることができそうだ。

こう考えると、トランジションとは固体が液体に、もしくはその逆の現象を指すことが分かる。冒頭のネガトラの話題でいえば液体から固体への遷移であるから、ネガトラ時に大事なことは固体に例えられる守備ブロックをいち早く敷くことである。先ほどの『アンチェロッティの戦術ノート』にもこのような記述がある。

一般論としていうならば、ボールを失った瞬間にチームがやるべきことは、迅速に守備陣形を整えて、ボールを奪回する条件を整えることだ。ボールのラインよりも後ろにいる選手は、ボールホルダーにプレッシャーをかけ、それと連動してパスコースを消すポジションを取るなどして、敵にカウンターのチャンスを与えずに攻撃を遅らせるよう努め、ボールのラインよりも前にいる選手は、速やかに帰陣して守備陣形に加わる。
ボールを組織的に奪回するための戦術であるプレッシングを発動するのは、ボールのラインよりも後ろに十分な人数を確保し、守備陣形が整ってからの話だ。それが整わないうちに積極的にボールを奪いに行くというのは、自殺行為に近い。(P.70-71から引用)

しかしバルセロナなどの「即座にボールを奪い返す」守備はこのセオリーを守っていないようにも見える。もちろん後方は守備陣形を整えようとはしているが、守備陣形が整うことを優先するよりは、「即座にボールを奪い返す」ことを優先している。このあたりに「攻守の切り替えがないように見える」ことのヒントが隠されていそうである。

実は理にかなっているバルセロナのプレス

先ほどの物理現象についてもう少し深掘りしてみたい。

液体から固体、気体から液体といったように様相がまったく異なる状態に遷移する物理現象を相転移という。相転移は英語ではphase transitionであり、まさにトランジションそのものである。攻撃や守備を物理現象に例えることはあながち間違いではないようだ。

液体とは分子の秩序がわりと緩やかな状態で、固体は秩序が保たれていわば整列している状態である。そして相転移とは分子の秩序がまさに遷移している状態であるが、相転移には相転移の秩序が存在していることが分かっている。その秩序とは、相関長(分子間の距離)がベキ乗則に従うというものである。簡単にいえば、相転移では全体の2割の相関長が長く、全体の8割は相関長が短い状態になるということである。

分子を選手、相関長を選手間の距離に置き換えると自然科学的な観点から「正しい」動きのヒントが見えてくる。それはすなわち、トランジションの際には2割程度の選手間の距離を長く、8割程度の選手間の距離を短くするということである。フィールドプレイヤーは10人なので、ネガトラ時は大体2名程度はリトリートして選手間の距離を比較的長く保ちつつ、大体8名程度は密集して選手間の距離を短く保ちながらプレッシングやパスコースを切る動きをするということを意味している。

プレッシングの人数の多寡はあるが、ネガトラ時に即座にボールを奪い返しにいくバルセロナの守備がまさしくこれではないだろうか。アンチェロッティの言うサッカーのセオリーからは外れているかもしれない守備が、実は自然科学的には理にかなっているというのは非常に興味深い。

これで冒頭の問いの解答が見えてくる。

「攻守の切り替えが存在しないように見える」という現象は、攻撃である液体の状態から相転移を経て固体になる前にまた攻撃である液体に状態が遷移していることによる。要は、守備の状態に遷移する前にボールの奪取に成功しているのである。守備の状態に遷移していないので、攻守の切り替えが存在しないように見えるのは当たり前ともいえる。

新しいわけではないが、実現は難しい

このようなプレスはサッキ時代のミランも取り入れていたので特別新しいものでもない。しかし現実的にはローラインでプレスを開始したり、守備陣形を整えてからプレスを開始するチームが多い。アンチェロッティもこのように言っている。

攻守のバランスを高い次元で実現することは、すべての監督にとっての理想である。しかし現実的には、与えられた戦力の限界から、守備側に比重を置かざるを得ない場合がほとんどだ。(P.61から引用)

一方で、90年代のミラン、昨今のバルセロナ、昨年のバイエルンなど一世を風靡したチームはプレス位置が高く、速い。これらのチームが印象深いのは、強いと同時に自然科学的な様式美を兼ね備えているのもひとつの要因だと思っている。

理想を追い求め美しさを兼ね備えたチームが強いのか、現実的にバランスを整えたチームが強いのか。これが分からないからサッカーはおもしろい。



tags アンチェロッティ, ゲーゲンプレス, トランジション, バルセロナ, 攻守の切り替え, 相転移

netowork_node.jpg

ネットワーク理論がサッカーの戦術に影響をもたらす日はくるか。

2011年末に「サッカーゲームにはハブがある」という論文が発表された(原題 Common and Unique Network Dynamics in Football Games)。山本裕二・名古屋大学総合保健体育科学センター 教授と横山慶子・日本学術振興会 特別研究員によるもの。詳細はリンク先のPDFファイルを。

原文(英語)
Common and Unique Network Dynamics in Football Games

要約(日本語、PDF)
サッカーゲームにはハブがある

めんどくさがりの人向けに、論文の要約はこんな感じ

  • サッカーの試合においてはボールに多く触れる選手とあまり触れない選手がいて、その分布は正規分布ではなくべき乗則に従う
  • ボールに多く触れる選手(ハブ)は試合の中で切り替わる
  • ハブとなる選手を中心にして三角形を作り出した回数が多いほど、シュートまで結びつけた攻撃の回数が多くなる

べき乗則というのは、80:20の法則といった方が分かりやすいかもしれない。分布全体の多くの要素を2割の人が握っており、残りを8割の人が分け合っているということである。世の中のお金もべき乗則で分布(一部の金持ちがほとんどのお金を握っている)し、商品の販売個数も同じ(一部のヒット商品が総販売個数の大部分を占めている)である。

ネットワーク理論はサッカーに適用できる

たくさんボールを触る選手がいることや三角形を作ればチャンスが多いのは当たり前というのが我々プレイヤーの総意だが、それが定量的に成立することを示したことに上述の論文の価値がある。これは、ネットワーク理論がサッカーにも適用できることを示している。

ネットワーク理論とはざっくり言えばノード(点)とつながり(点と点を結ぶ線)からネットワークの有益性や隣接性を考察する理論である。自然界や社会におけるネットワークには「スモールワールド」「スケールフリー」「べき乗則に従う」などの同様の特徴が見られることが確認されている。

ネットワーク理論についてはバラバシの『新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く』が詳しい。
例えばハブに関してバラバシは以下のように述べている。

ハブが注目を受けるのは当然である。ハブは特別な存在なのだから。ハブは、それが存在するネットワークの構造を支配し、そのネットワークを「小さな世界」にする。実際、ずば抜けて多数のノードにリンクされたハブは、システム内の任意の二つのノードを短い距離でつないでいる。その結果、地球上でランダムに選ばれた二人の人物の隔たりは平均すると六だが、コネクターと任意の人物との隔たりは一か二でしかないことが多い。同様に、ウェブ上の任意の二つのページは十九クリック離れているが、巨大なハブであるYahoo.comは、ほとんどのウェブページから二ないし三クリックの距離にある。ハブの目で見れば、世界は実に狭いのだ。(P.94から引用)

ネットワーク理論をもとにサッカーの戦術を考察する

サッカーにネットワーク理論が適用できそうだということが分かれば、以下に挙げることが科学性を持って正しいといえる。ちなみにサッカーにおいてはノードは選手、つながりは選手間の距離を指し、ネットワークとはそれら全体をピッチの上から俯瞰的に見た地図と見立てることができる。

1.コンパクトに保つためにはハブの存在が必要

ハブの存在は隔たりを小さくし、スモールワールドを作り出す。DFからFWの距離は直接的には遠いが、ハブを介せば両者ともに一次の隔たりである。サッカーでは「コンパクトにする」という言葉がよく使われるが、ネットワーク理論に則ればその肝としてハブの存在があり、ハブがいなければコンパクトに保ってポゼッションをすることは難しくなる。

2.ハブを入れ替える工夫の必要

ネットワーク理論におけるハブは意図的な攻撃に弱く、ネットワーク全体を脆弱にする危険性を秘めている。ハブ空港が閉鎖された場合の飛行機の空路の確保の難しさや、渋谷のスクランブル交差点が閉鎖された場合の行き交う人々の不便さを思い起こせば想像に難くない。

SPOF(Single Point of Failure)を作ってはならず、そのためにはあるハブが機能不全に陥った場合に異なるハブが台頭する仕組みが必要である。前述の論文では時間帯ごとに異なる選手がハブの役割を果たしていると示しているので、高度なチームでは既にそのような機能を備えている。現在の日本代表では遠藤がハブの筆頭に挙げられるだろうが、遠藤を封じられた時には別の選手がハブにならなくてはならない。

3.攻撃と守備の切り替え(その逆も)には一定の自己組織化を図ることが必要

生体の分子もネットワーク理論のように振る舞うことが分かっているが、ここからもサッカーに適用できるかもしれない発想が思い浮かぶ。

サッカーでは守備の際には「守備ブロック」「堅い守備」といった氷のような固体を連想させる言葉を用いる。一方で攻撃の際には「流動的」「流れるようなパスワーク」といった水のような液体を連想させる言葉を用いる。すなわち、攻撃から守備の切り替え(トランジション)は水から氷へ、守備から攻撃への切り替えでは氷から水に変わるプロセスであると考えることができる。

物理の世界には相転移という言葉がある。相転移とは、固体から液体、液体から気体のように性質がまったく異なる状態に変遷するプロセスのことである。固体には固体、液体には液体の分子の秩序がそれぞれ存在しているわけだが、相転移における臨界点(まさに氷が水に変わろうとしている瞬間)では秩序と無秩序が混在する。このタイミングでは分子同士の距離(相関長)はべき乗則に従っていることが分かっている。つまり、同時的に秩序を変更するのではなく、8割程度は短い相関長であるのに対し、2割程度は長い相関長の状態が生まれる。その相転移を経て、氷が完全に水になればまた水としての秩序を手に入れるわけである。

つまり、相転移にも一定の自己組織化された「秩序」があるわけである。

これに則れば、サッカーにおけるトランジションのタイミングでは一部(2割)の選手間の距離を長く保ち、大多数(8割)の選手間の距離は短いままに保つことが自然科学に則った強固な策であることが分かる。攻撃へのトランジションでは2割程度が素早くカウンターに走り出すといったイメージで、守備へのトランジションでは2割程度がリトリートしつつ8割はコンパクトに保って守備網にかけるようにプレッシャーをかけるといったイメージだろうか。トランジションのタイミングが終われば、攻撃時には水のような秩序、守備時には氷のような秩序に戻すのである。

4.システム論はハブとなる選手との接続数や接続距離によって考察されることが必要

サッカーにおけるシステム論は尽きないが、この考え方にネットワーク理論におけるトポロジーを適用することができる。トポロジーとは位置や構成に関する研究である。ネットワークにおけるノードは、ハブと多く接続できる箇所から埋まっていく。その方がそのノードにとってメリットがあるからである。また、ハブとなり得るノードが増えたほうがハブに対する攻撃への対抗策にもなる。

サッカーでは相手があるため「トポロジー対トポロジー」となり、影響が相互作用となるので一概にネットワーク理論に則ることは得策ではないかもしれないが、位置や構成に関する研究であるトポロジーの考え方を捨て去ることはもったいない話である。


**


こういったサッカーとは関係のない世界からのメタファーや研究をサッカーの世界に適用していくことが僕は結局好きなのだな。「サッカーゲームにはハブがある」という論文タイトルを初めて発見したときの興奮は今思い出してもアドレナリン出るわけです。他にも気になる研究とか発見したら引用して私見を書くと決めた。



tags べき乗則, サッカーゲームにはハブがある, トランジション, ネットワーク理論, 相転移, 自己組織化

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3