p-home-01.jpg

タグ「ヨルダン」の一覧

W杯アジア最終予選のヨルダン戦を観戦するためにヨルダンへ3泊6日の旅へ行ってきた。仲間2人と合計3人でレンタカーを借りて観光プラス日本代表戦の現地観戦。ヨルダン代表VS日本代表の試合観戦記はヨルダン戦 20130326海外アウェー観戦記にまとめたのでそちらへ。こちらではヨルダンを旅行する方のためのTipsをまとめておく。調べ尽くしたわけではなく単なる一旅行者の体験なのであしからず。

通貨はディナールで1ディナールで大体140円くらい(ブログ執筆時)

日本ではあまり両替してくれるところがない。ヨルダンの空港で両替所があるので日本円と両替できる。街ではクレジットカードを使えないところもあるし、宿泊したホテルではクレジットカードなら10%のfeeがかかると言われたりしたので現金があった方が無難かもしれない。

アンマンでは市内にATMがたくさんあり、海外キャッシュカードが使える。僕は新生銀行のキャッシュカード(新生銀行はすべて国際キャッシュカード)を持っていたが、何の問題もなく使えた。海外キャッシュカードは口座から即時引き落としで現地通貨が引き落とせるしATMで操作可能なので旅の途中で現金が足りなくなったらおろすという使い方ができる。

国内の移動はタクシーが便利

タクシーの台数がとてつもなく多いのでタクシー移動が基本となる。アンマン市内の流しのタクシーはメーター制で、市内の移動なら高くても5ディナールくらいにはおさまる。ただし、乗ったときにメーターで支払う旨の確認をしておかないとボラれる可能性もある。

空港にいるタクシーは主な観光地には概ね定額制になっている。アンマンまでなら約20ディナール、ペトラまでなら70ディナールくらい。空港内に運賃料の看板があるので確認しておけばボラれる心配はない。

アンマン市内で泊まったホテルから代表戦があったキングアブドラスタジアムまで車で30分くらいの距離。行きはホテルの人にお願いしたので交渉で10ディナールとなった。帰りは流しを停めて、市内の繁華街まで(ホテルよりは近い)4ディナール程度。

レンタカーには国際免許証と度胸とテクニックが必要

僕らは今回の旅ではレンタカーを借りて自分たちの運転で移動した。空港で借りるまでは予約しておけば問題はないが、ナビはないと言われた。借りたときにはガソリンがEmptyで、5分くらいいけばスタンドあるから大丈夫、という適当な感じで貸し出された。その割に、返したときには傷を入念にチェックしていたのでその辺りは抜かりなさそうだ。

アンマン市内の運転はとにかく荒いドライバーが多い。3車線で横に5台並ぶ、横入り、ウインカー出さない、クラクションなどは日常。交差点はラウンドアバウトが多いが、躊躇しているとまったく入れてくれない。強引に入るしかない。ある程度運転に慣れた人でなければ運転は避けたほうが無難かもしれない。

また、アンマンから離れれば悪路も多い。実際に僕らは山道で一度パンクし、通りすがりのヨルダン人に助けられた。タイヤ交換は慣れた手つきだったのでよくパンクするということなのかもしれない。

ガソリン代は日本とあまり変わらず。ガソリンスタンドはアンマンのダウンタウンにはあまり見かけないが、ハイウェイ(無料)には頻繁にある。作業員がいて満タンや入れる量などを伝えれば彼らがやってくれる。ただしクレジットカードは使えないところが多い。

死海はホントにびっくりするくらい浮く

空港から車で1時間かからない程度のところに死海がある。

deadsea01.jpg

死海で遊べるところは北端エリア。岩場で無料で入れるところもあるが、オススメは16ディナール払って安全に遊べるアンマンビーチと呼ばれるエリア。死海沿いの通りを南に進んでいけばすぐに見えてくる。砂浜のビーチがあり、プール、カフェ、シャワー、更衣室が併設されている。

死海はびっくりするくらい浮く。特に何もしなくても浮く。定番の新聞ポーズを取るなら若干腹筋に力を入れれば大丈夫。向こう岸にはイスラエルが見える。

IMG_0531.JPG
2013年3月24日 死海にて筆者友人撮影

傷口があると染みるので要注意。目に入ったらこすらずに大量の真水で流さないと痛すぎる(らしい)。イスラエル側でシルベスタ・スタローンが撮影の合間に死海で泳いで目を空けたため、1週間撮影が不能になったという逸話もある。

世界遺産のペトラ遺跡は壮大過ぎて言葉が出ない

ペトラは死海から南に200キロくらい行ったところにある世界遺産。仮に死海から移動することになった場合には、そのまま南下するととんでもない山道を通ることになる。遠回りだが北上して空港の近くを通って南下すればハイウェイ(無料)なので結局その方が早い。これは逆も同じで、ペトラから死海に行くときは向かって右側のハイウェイを通った方がよい。

petra01.jpg

ハイウェイは制限時速100キロか110キロだがそれ以上で飛ばしている車もたくさんいる。左ハンドルで右側通行なので追い越すときは左側からが基本。遅いとパッシングしてくる車もたくさんいる。レンタカーの場合慎重に。警察もよく見張っており、フライパンみたいなSTOP印を掲げられたら止まらなくてはならない。こちらも慎重に見ていないと見逃す。僕は一度止められたが軽く会話したら通してくれたので彼らも暇なのかもしれない。

ペトラは前泊で次の日の朝一で向かうのが良い。当日入りだと早くてもペトラ到着は昼過ぎになり、すごく混雑するし見まわるのに半日では足りない。

入場料は50ディナール(高い!)。現金のみの受付だが、となりに両替所もある。7:00から入場可能で、17:00か18:00くらいまで。

エル・ハズネまでは割りと近い。シークと呼ばれる細い道を抜けると突如現れ、その大きさにド肝を抜かれる。インディ・ジョーンズ最後の聖戦にて聖杯が隠されていたという設定の撮影地である。僕も聖杯を見つけた(ウソ)。

IMG_0559.JPG IMG_0561.JPG
2013年3月25日 ペトラにて筆者撮影(左がエル・ハズネ)

その先にも遺跡の数々を見ることができ、しばらくは平地が続く。凱旋門と呼ばれる門の遺跡のあたりからは山道を登るような悪路になる。その先には大物はエルディドしかないので、この辺りで先に進むかの判断をした方が良い。凱旋門からエルディドまでどんなに早足でも30分はかかる。

IMG_0578.JPG IMG_0582.JPG
2013年3月25日 ペトラにて筆者撮影(右が凱旋門)

エルディドは大きさはすごいが、作りはエル・ハズネの方が凝っている。エルディドよりもむしろオススメは、エルディドの先のビューポイント。エルディドからさらに10分ほど進めば山の頂上のあたりに到達し、遺跡や反対側のグランドキャニオンのような眺めを一望できる。

IMG_0589.JPG IMG_0592.JPG
2013年3月25日 ペトラにて筆者撮影(左がエルディド)

ペトラから車で15分くらいのところにスモールペトラと呼ばれるミニ遺跡群もあり、こちらは無料で入れる。サンセットがキレイだと地元の人が教えてくれた。

また、曜日限定だが20:30からナイトペトラと呼ばれるイベントもある。ペトラの中のろうそくで灯した道を進み、エル・ハズネの前で歌などを披露してくれる。入場料は12ディナールで22:00くらいに終わる。

現地の人は優しく親切だが英語を話せない人も多い

基本的に現地の方はものすごく優しい。パンクしたレンタカーのタイヤ交換を主導してくれたり、道を教えてくれたり、お茶を御馳走してくれたり。試合後に興奮気味の一部の方が日本人に侮辱的な行為をしたそうだが、それがヨルダン人の資質を表しているものでは決してない。単に子供じみているだけである。英語は話せない人も多いが、こちらが分かっていなくても現地の言葉でずーっと話しかけてきたりする。

油断してはいけないが、夜も出歩ける雰囲気(1人は危ないかも)。

料理は全般的においしく、お酒を提供しているところは限定的

料理はひよこ豆をつぶしてペースト状にしたものをパンに塗って食べるのが定番。ラムやチキンは香ばしい味付けがおいしい。ヨーグルトのようなスープにライスやラム肉をつけて食べる料理もよく出てくる。ただし値段は安くない。

お酒は提供しているところを調べたりホテルで聞いたりしてから行かないと普通のレストランでは提供していない。ビールはアムステルというものが第一銘柄で、ハイネケンも見かけた。

水タバコ(シーシャ)を吸えるところが多く、4ディナール程度で1人分のセットを貸してもらえる。味もアップルやミント、ピーチなど豊富。カフェに行ったらカップルで向かい合ってシーシャを吸っていたりするので見慣れないとちょっと異様ではある。


中東は初めてであったが、ヨルダンとてもよいところ。旅の候補にぜひ検討してみてくださいな。



tags アンマン, エル・ハズネ, ディナール, ペトラ, ヨルダン, 死海

ワールドカップアジア最終予選のヨルダンVS日本を観戦するためにヨルダンのキングアブドラスタジアムへ。僕自身初めての中東。勝ってW杯出場決定をこの目に焼き付けたかったのだが。

現地時間17:00キックオフで16:00過ぎにスタジアム到着。スタジアムの外はチケットを持っていない人で溢れかえる。日本人のみが入れるエリアに突入しようとする警備員に静止されるヨルダン人を横目に日本人エリアへ。門の前では何やらもさもさしている一平くんも・・。見なかったことにしよう。

IMG_0625.JPG IMG_0639.JPG
2013年3月26日 キングアブドラスタジアムにて筆者撮影

これまでの中東アウェー決戦をテレビ観戦した様子ではギリギリまでスタジアムに来ないのが現地の方の特徴だと思っていたが、キックオフ1時間前でスタジアムは超満員。スタジアムには、深く腹の底に響くような重低音がこだましている。イスラムの知識は遠征直前に付け焼刃で読んだ池上彰氏の『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)』しかないが、おそらくヨルダン側には女性がスタジアムにいなかったので黄色い声は一切なし。これが異様な雰囲気を助長している。

結果はご存知の通り、ヨルダン2-1日本で敗戦。W杯への切符はお預けとなった。もはや試合から3日経ち多くの方が試合について分析したり評論したりしており後出し感満載となるが、現地観戦した僕の感じたわだかまりについて2点記しておく。

シュート意識が低いことがわだかまりの要因

シュートを撃てばいいというものではない。巷の評論でなぜ試合終盤に2トップにしないのかというものも読んだが、2トップにすればそれだけ崩しにかける人数が減るわけで、シュートを決める確率が高そうなシチュエーションを創りだすことに人数をかけるのか、前でシュートを撃てそうなポジションに配置する人数を増やすのか、どちらが良いのかは一概に述べることはできない。香川のミドルレンジからのシュートは期待できず、先日のマンUでのハットトリックの2点目のように崩しきってゴールに流しこむことを狙っていることも分かる。そんなことは分かっている。それでも言いたい。

もっとシュートを撃て、と。

後半の終わり際、長谷部がペナルティエリアに少し侵入したあたりで右にボールをずらし抜き切らないうちに撃ったシュート、あれだけが唯一「そうそうそのタイミングで撃っていこう!」というタイミングでのシュートだった(GKの正面に飛んだためゴールならず)。

シュートを撃たなくては始まらない。積極性などという陳腐な言葉で片付けられるものでもないかもしれないが、「何が何でも」というプレーが足りないように感じた。

どちらかといえば僕自身は全体論信者というか、ある1つの策を盲信するようなタイプではない。急いては事を仕損じる。前半の前田のヘディングシュートが入って、結果も勝利してW杯出場を決めていれば、シュート数が少ない試合だったとしても何も言わない可能性が高い。公式戦での勝利より大事なことはない。だから自分が滅茶苦茶で筋が通っていないことを言っていることは承知のうえだ。

現地観戦すると視界がボヤケる。

長友と本田不在によるメンタル的な「前を向こう」感の欠如がわだかまりの要因

長友と本田不在の影響は試合前から取り沙汰されていた。しかし、我々には香川がいる。清武もいる。憲剛だっている。ダブル酒井に駒野だって控えている。大丈夫だ。ホームで6-0で退けた相手に戦闘力でアジアトップクラスで層の厚い我々が負けるはずがないだろう。例え長友と本田の2人がいなくても。これが戦前の大衆の空気であったと思う。

機械的な戦闘力という意味では2人がいなくてもさして変わらなかったと思う。ミドルシュートが得意の本田がいればもしかしたら、左サイドに長友がいれば2失点目はなかったかも、という妄想はできるが、それはやめておこう。なぜならそんなことよりも影響が大きい要因があったからだ。

それは既に多くの人が指摘しているように、メンタル面の影響である。

先制されるということは可能性としてはありえる。もしかしたら10試合に1試合かもしれないが、それがこの試合になる可能性はある。もちろん失点を前提としてはいけないが、先制されたらどのような状況になるかシミュレーションしておくことはとても重要だ。オシム元日本代表監督は「負けることもある」とメディアの前で発言し、勝ち負けに一喜一憂する国民に釘を刺していた。

そのシミュレーションを果たしてピッチ上の11人ができていたか。ただでさえ油断ならない中東アウェー。先制されたらスタジアムを巻き込んで「ザ・アウェー」になることは目に見えている。そんなときにどうやってその見えざる壁を跳ね返すのか。

悪鬼が襲いかかってくるような雰囲気を持ち前のメンタリティで一蹴し、正のオーラを周囲に伝播することができている選手。それが長友と本田だったということがよく分かった試合でもあった。


しかし悲観すべき状況ではない。確かに6月の2試合を練習に使えなくなったことは痛い。ただ、これまでができすぎていたのだ。5試合で勝ち点13、2位が勝ち点5などという状況は金輪際訪れないだろう。普通の状況に戻っただけだ。次戦でオーストラリアをしっかりと叩き、日本で、ホームでW杯出場を決めようではないか。



tags ヨルダン, 日本代表, 海外アウェー現地観戦

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3