p-home-01.jpg

タグ「リージョ」の一覧


前著に続きサッカーを複雑系やカオス理論から斬る至高の哲学書。

「サッカーというものをシンプル化してはいけない」(P.54から引用)

昨今、サッカーやサッカーにおける戦術をすぐに理解できることを謳った解説本が横行している。マーケットにそのような需要があることの裏返しであるから書籍そのものを否定するわけではないが、複雑系であるサッカーのいち側面だけを切り取って理解しようとしてもそれは無理な話である。「物事をシンプル化するとは、問題を解決することだと思われているようだが、実際は問題を引き起こす行為だといえる」(P.55から引用)のである。

本書を読んで生まれるのは、むしろ消化不良感である。そして、その消化不良さゆえに生まれる探究心である。僕がこれまで見知った中では最も難解で哲学的な表現でサッカーを語るフアン・マヌエル・リージョは本書の刊行に寄せて次のように語っている。

唯一明確なのは、なにも明確ではないということ。それがオスカル・カノ氏の本のベースとなる。 本書を読むことで、読者はさらに疑念を抱くことになる。それと同時に、疑念を抱くということが最も適切な肯定の仕方であることを認識し、喜びを感じることであろう。(P.18-19から引用)

前半は複雑系の解説

前著『バルセロナが最強なのは必然である グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー』(筆者のレビュー)を読んだ人であれば、前半部分(チャプター2まで)は既読の内容も多いだろう。複雑系は真理であるがゆえに枝葉の議論は少なく、どうしても内容が重複するからである。

その内容をかいつまんで紹介すると、以下のようになる。

  • サッカーにおいては選手こそが主役であり監督にできることはわずかである
  • 監督の仕事は選手のポテンシャルを引き出すことをサポートすることである
  • 分かりやすい説明をするために物事を断片化したり複雑さを取り除いたりすることをやってはいけない
  • チームを構成する選手(の特徴)に即してプレーモデルを構築する
  • プレーモデルの持つ構成と機能はいったん破壊されても自己組織化のプロセスを経て再構築される仕組みを持つ(ので、再帰性を担保できるようなトレーニングを行う)

前著やその他の複雑系の学習によって学んだことがあったとしても、本書のひとつひとつの言葉はずしりと心に響く。この手の話は定期的に読み返さないといけないと改めて感じた。

後半は大量の図を用いた解説

真理に近づこうとしすぎると、ときにそれが正しいがゆえに実践的でなく、活用することが難解に陥ることがある。本書やオスカル氏の前著が指摘している複雑系の観点からサッカーの真髄に迫ろうとするやり方は僕も正しいとは思うが、その抽象性だけで世界がまわっているわけではない。時にはその俯瞰的なマップを捨てて、具体から踏み込むことが真理に近いということも往々にしてあることだ。

そんな思考の揺らぎがIntroduction「歪められたサッカーの本質」の次の言葉に表れている。

私はこれまで、図やイラストで埋め尽くされたサッカーの練習メニュー本を読むのを避けてきました。それはもしかすると私の過ちなのかもしれません。というのも、そのような本の中にも、サッカーをより深く知るためのヒントが隠されている可能性があるからです。(P.31から引用)

しかし当然のことながら、環境や背景、そして何より選手自身の特徴や選手間の相互関係を踏まえずに練習メニューだけを模倣してもチームに適したプレーモデルには到達できない。単純な練習メソッドでは次のようなことが発生してしまうのである。

多くの練習メニューはサッカーに内在する複雑性を著しく減少させ、事前に何が、いつ、どのようにして起こるのかということが予想できるような練習メニューばかりです。 そのため、サッカーで最も重要な要素である判断力が実際のゲームほど必要ではない状況で練習を行っている場合が多々あります。(P.38から引用)

そこで本書では、

  • 監督ではなく選手や選手間の相互関係こそが主であるという前提に立ち
  • 選手たちの能力を引き出すためのより良いプレーモデルの構築を
  • バルセロナを例にとって多くの図とともに解説する

という構成にすることによって単純な図解とは一線を画す内容となっている。

加えて、オスカル氏自らが考案・実践したトレーニングメニューが15個掲載されている。どの練習メニューも目的こそ掲載されているが細部の選手の動きを指示することはなく、選手の判断力を涵養することが隠されたカリキュラム(ヒドゥン・カリキュラム)であることが分かる。と同時に、練習には多くのプレイヤーを同時に登場させながらも各プレイヤーのプレーするエリアを限定していることから、本書の原題の「ポジショニングサッカー」における「ライン」という考え方を実践的に会得することができるメニューであるともいえそうだ。

「知的自由」という新しい言葉

本書の中で何気に僕がもっとも惹かれた表現が「知的自由」という言葉である。

効果的なパスが連続することで、常にフリーの味方が現れます。そして、そのフリーの選手がタレント性を存分に発揮します。こういった「知的自由」を持った仕組みが、コンスタントに表現されたのがクライフのドリームチームだったのです。(P.96から引用)

前著のレビューでも書いたのだが、いつまでたっても僕が不思議なのが、自己組織化といった生命科学のメタファーを用いるだけでは「ゴール」というプロセスは成立しないので、バルセロナではそれをどのように理解しているのかということである。

メッシが答えだと言われればそれは分かるのだが、どうしてももう少し違う表現で腑に落ちたいな、と。そこで本書で登場したのが「知的自由」という言葉である。今度はもう少しこの言葉を追いかけてみようかしら。



tags バルセロナ, バルセロナの哲学はフットボールの真理である, ポジショニングサッカー, リージョ, 相互作用, 知的自由, 自己組織化, 複雑系


バルセロナの覇権は終焉を迎えるのか。

なんとも皮肉なタイミングでの出版である。フットボールサミットの今号の特集テーマは「FCバルセロナはまだ進化するか?」。そのバルセロナはUEFA CL準決勝でバイエルンに完膚なきまでに叩きのめされた。アウェイで0-4、ホームで0-3、まるで格上の相手が格下を一蹴したようなスコアである。そして実際、バイエルンがバルセロナを一蹴したと表現しても大げさではないだろう。それくらい、為す術もなくバルセロナは敗れていった。

そんなバルセロナだが、ここで敗れたことでこれまでの功績にケチがつくものではないだろう。「クラブ以上の存在(mes que un club)」という理念のもと、ポゼッションを高めて美しく勝つそのスタイルは世界中のサッカークラスターが注目し、多くのジャーナリストがバルサスタイルを研究した。今日ではもはやバルセロナについて文字ベースで語れる新しい情報はほとんど存在しないといって差し支えない。それくらい、世界中でバルセロナは話題になった。

フットボールサミットに興味を示す人は、少なからずバルセロナについてある程度の知識は持ちあわせていると思う。筆者も、ある程度は知っているつもりである。そんな「バルセロナについて多少は知っているよ」という筆者が本誌を読んで「お、これは!」と感じた内容を3つ、紹介しておきたい。

シャビが語るバルセロナのスタイル

巻頭にシャビのインタビューが収録されており、なかなか読み応えがある。その中で気になったのが、シャビがバルセロナの成功について語った以下のくだりである。

それ(筆者注:バルセロナというクラブを世界に浸透させること)こそが成功であり、僕らが望んでいる勝利でもある。僕らがひとつのエコール(筆者注:流派)になること、僕らが成し遂げた結果が、ある監督たちに僕らのような構築的なスタイルを志向させることは、僕らにとって大きな名誉だ。(P.21から引用)

スペイン語のなんという単語を「構築的」と訳したのかは知らないが、最高の適語であると思う。バルセロナは勝利の確率を高めるためにポゼッションの割合を高めることを重要視し、1つ1つのプレーを分断するのではなく構築的に捉えてフィニッシュまでの道のりを描いている。そしてこの構築的という言葉にこそメッシという稀代の天才が活きる土壌があるように思えてならない。

勝負哲学』(筆者のレビューはこちら)の中で羽生善治氏と対談した岡田武史前日本代表監督は、ひらめきの概念について以下のように語っている。

ひらめきの正体は何ですかという質問を受けるんですが、私のとぼしい語彙ではうまく言語化出来ないんですよ。ピンときた、カンが働いたとしかいいようがないし、カンの中身を問われても説明はむずかしいんです。 ただ、それが天から突然、降ってくるものではないことは確かです。
(中略)
答えを模索しながら思考やイメージをどんどん突き詰めていくうちにロジックが絞り込まれ、理屈がとんがってくる。ひらめきはその果てにふっと姿を見せるものなんです。だから、その正体は意外なくらい構築的なもので、蓄積の中から生み出されてくるという感触がある。助走があって初めて高く跳べるようにね。(P.21-22から引用)

勘やひらめきは実はロジカルに構築した先端に存在するものであるという。それこそ、バルサのスタイルと同じではないだろうか。構築的にティキタカ(パスサッカー)を続けたその先に、メッシが一瞬のひらめきを見せて得点を奪う。

シャビが自らの口で「構築的」という表現をしたことでバルセロナが貫いているスタイルがすっと筆者の中で理解できた気がした。

リージョの捉え所のない話を斬る

グアルディオラが師とあおぐフアン・マヌエル・リージョ。彼のインタビューは禅問答のようで捉え所がなく、非常に難解である。ただ、表現は婉曲的であるがリージョの言っていることは自然科学的な本質をついている。

例えば、リージョはチームと選手を分離して考えていない。すべては個であり全体であるというフラクタルな側面をサッカーに見出している。そのため、(バルセロナには)戦術というものは存在せず、選手(の才能)そのものがサッカーを形作るという分かるようで分からない持論を展開している。

この手の考えは『バルセロナが最強なのは必然である グアルディオラが受け継いだ戦術フィロソフィー』(筆者のレビューはこちら)に詳しい。フットボールを自己組織化や再帰性といったニューサイエンスの世界から紐解いている。

リージョの言葉で最高に難解なのが、バルセロナがさらにプレーを向上させるための鍵を問われて回答した以下のくだりである。

人間というのは、ピラミッド構造ではなく、網状の構造でできている。そこには希望が存在し得る。我々はどこからも落ちることはなく、また全てを忘れてしまうこともない。言わんとしていることは分かりにくいかね?(苦笑)つまりは、才能豊かな選手が増えることによる成長は、チームが成長していく上で重要なポイントになるということ。個々の長所を結びつけることで、集団にうまく還元されていくのである。(P.50から引用)

これは驚きで、リージョはパターン・ランゲージについて語っている。パターン・ランゲージとは建築家アレグザンダーが提唱した理論で、建物や街の形態は機能を分解して要素に分解できるものではなく、一定のパターンが重複も許容する形で網状に構成されていると考えたものである。

パターン・ランゲージについては『パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則』が詳しい。

「ツリー」(tree、木)と「セミラティス」(semi-lattice、半束)は、もともと数学の集合論に出てくる用語です。アレグザンダーがこの論文(筆者注:『都市はツリーではない』と題した論文)で主張したい本旨は、「現代の都市計画は分離分類を旨とする過度な階層構造主義に陥っており、自然都市に見られる場所と機能の適度なオーバーラップを軽視している」ということです。そのことを分かりやすく表現するための対立概念として、「ツリー」と「セミラティス」を登場させたのです。
(中略)
アレグザンダーは、人工都市がツリー構造になってしまう原因は、人間の認知能力の限界にあるとしました。人工都市は少数の建築家が全体を設計するため、複雑に絡み合った条件を必然的に少数の要素に還元して考えます。つまり、要素間の関係性は半ば必然的にツリー構造に還元されてしまいます。それに対して長い年月を経てできあがる自然都市は、そのようなツリー構造を持ちません。1つの場所が複数の役割を同時に担うセミラティス構造を持っています。(P.22-23から引用)

リージョは、チームとは選手の能力の総和でできているものではなく、個々の長所が複雑に絡み合い、影響し合い、相互作用的に涵養されることで何らかの形で還元されることで成長すると言っていると思われる。すべては階層構造ではなく、網状(セミラティス構造)なのである。だから単純にセンターバックを補強すれば良いというような近視眼的な指摘は誤っており、CBを補強した結果として長所がうまく還元されればそれこそが成長である、ということである。当たり前のことをすごそうに言うものだと感心する。しかしこれほど本質を突いている発言もない。成長は相互作用なのだから、鍵という物質的な観念では表現できないという皮肉なのだろう。

余談だが、パターン・ランゲージに関しては慶応大学の井庭崇准教授が日本の第一人者であり、パターン・ランゲージを学習に応用した「学習パターン」、プレゼンテーションに応用した「プレゼンテーション・パターン」を無償で公開している。

遠藤が語る対バルサの「術」

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意』(筆者のレビューはこちら)でも本人が語っているように、遠藤は守備における数的同数はOKだと考えている。バルセロナの強みであるハイプレスは後ろの数的同数をOKとしてリスク承知でやっているから効果があると、そう考えているようである。バルセロナのプレスの秘訣、ポイントについて本誌フットボールサミットの中で次のように語っている。

ひとつはプレスに行くスピードと攻守の切り替えの早さでしょうね。それがすごく早い。あとは、後ろが数的同数のことが多いんですよ。それも大きな要因だと思います。普通の監督なら、リスクを考えて後ろにひとり余らせますよね。でも、余らせるということは、どこかで相手がひとりフリーになっているということ。バルサはそれをなくしてる。(P.68から引用)

ちなみに、バルセロナを倒すとしたらオール・マンツーマンで最終ラインを出来る限りプッシュアップで守るそうである。ビエルサの考えと同じなようだ。

論客たちはまだ覇権が続くと考えていたようだが

果たしてバイエルンの試合を見ても同じように答えたか。リージョにいたってはバイエルンなどのチームとスペインの2強の距離を「星と星ほど離れている」と言ってのけたが、実際はどうだったのか。今後のバルサのサッカーを見守りたい。



tags football summit, アレグザンダー, シャビ, バルセロナ, パターン・ランゲージ, フットボールサミット, メッシ, リージョ

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3