p-home-01.jpg

タグ「争うは本意ならねど」の一覧

2013年2月にブログ開設して、書籍は42冊、雑誌は4冊のレビューを書くことができました。レビューを書いていないものも含めれば50冊以上は読了したことになります。その中から個人的に素晴らしいと感じた書籍を5冊、ランキング形式で紹介したいと思います。

あくまで、2013年に発売したものではなく、2013年に僕が読んだもの、ということでご理解ください。


5位 『I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝』

ここまで惹きこまれた選手本は初めて。イブラヒモビッチの素の姿が、イメージにぴったりの悪童的な口調で語りかけるように描かれている。怖いもの知らずといった感じで、グアルディオラをボロクソにこけおろしているくだりは善悪を超越してスカッとする。読後感も決して悪いものではない。

イブラヒモビッチに少しでも興味がある人であれば読んで損はない一冊。

筆者のレビューはこちら



4位 『争うは本意ならねど』

我那覇和樹のドーピング冤罪事件のドキュメンタリー。我那覇和樹のドーピング冤罪に関しては表面的にニュースで見聞きした人もいるだろうが、その実態まではなかなか知られていない。本書では、Jリーグという権力の巨塔に不本意ながら立ち向かったチーム我那覇の戦いの記録が克明に描かれている。

全てのサッカーファンに読んでもらいたい、ジャーナリスト木村元彦の渾身の一冊。

筆者のレビューはこちら



3位 『4-4-2ゾーンディフェンス セオリー編』

footballhackというサッカーブログの管理人さんによるKindle本。4-4-2ゾーンディフェンスのみならず、サッカーの戦術について学びたい人は一度は読んでおいた方がよい戦術指南書である。図を多用し、スペースについての解説が非常に分かりやすい。

表面的ではなく、戦術について真剣に学びたい人にオススメの一冊。

筆者のレビューはこちら



2位 『バルセロナが最強なのは必然である』

サッカーを要素還元主義ではなく、全体論的、複雑系、カオス、自己組織化、再帰的であると説いた解体新書。そんな見方があったのかと、目からうろこが落ちまくること必至である。著者のオスカル氏の続編『バルセロナの哲学はフットボールの真理である』も発売されたが、まずは本書を先に読んでおいたほうが良い。

ニューサイエンスの観点からサッカーを解説した史上最高の一冊。

筆者のレビューはこちら



1位 『テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人』

サッカーはサッカーをすることで上手くなる、という禅問答的な真理に迫る村松尚登氏の冒険譚。スペインサッカー強さの秘密として、リーグ戦文化の重要性や戦術的ピリオダイゼーション理論について詳しい解説が書かれている。賢さや駆け引きを養うためには機能が限定されたトレーニングメニューでは意味がなく、サッカーにおける大切な要素を全て含んだ場面(極論をすれば試合自体)で涵養していくことが重要であることがよく分かる。

特に育成や指導に携わる立場の人には是非とも読んでもらいたい一冊。

筆者のレビューはこちら



おまけ 『ボトムアップ理論はプレイヤーズ・ファーストを具現化する新しい指導の形』

拙ブログの中で圧倒的なアクセス数を記録しているボトムアップ理論に関する記事。ご愛顧ありがとうございます。上から押し付ける指導ではなく、内発的な動機づけに着目してボトムアップやプレイヤーズ・ファーストを指導に組み込もうとしている方にぜひ一読していただきたいです。
ボトムアップ理論はプレイヤーズ・ファーストを具現化する新しい指導の形




ランキングを振り返ってみて、2013年発売の書籍は少なかったですね。すみません。来年は2014年発売の書籍を読むことが多くなるでしょうから、こんなことにはならないと思いたいです。

来年も、良いサッカー書籍にめぐりあえますように。全ての著者の皆さまに感謝いたします。



tags 4-4-2ゾーンディフェンス, I AM ZLATAN, サッカー書籍ランキング, テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人, バルセロナが最強なのは必然である, 争うは本意ならねど


涙無くしては読めない、我那覇和樹のドーピング冤罪事件の核心に迫るドキュメンタリー。

2006年ドイツW杯で予選敗退した日本代表は、監督にイビチャ・オシムを据えて2007年のアジアカップ、そして2010年南アフリカW杯に向けた新体制を整えていた。2006年8月4日の新代表発表はオシム節が早速発揮され、選ばれたのは13名。協会への皮肉も込めた少人数の代表メンバーの中に我那覇和樹がいた。期待の現れである。

同年11月の代表戦で2ゴールをあげた我那覇は得点力不足が叫ばれて久しい日本代表の救世主かのように思えた。しかし翌年、我那覇を信じられない悲劇が襲う。ドーピングの疑惑をかけられたのである。

本書は、ドーピングの疑惑のもととなった注射のきっかけに始まり、ドクターとJリーグの全面闘争、我那覇和樹の気持ちの変遷、CAS(スポーツ仲裁裁判所)まで持ち越されることとなった経緯、チーム我那覇として立ち上がったドクター、フロンターレの選手、弁護士、Jリーグ選手会、国会議員(当時)であり元南宇和高校のエース友近聡朗、CAS裁定費用を援助する沖縄の同士と「ちんすこう募金」、フロンターレをはじめとするJクラブのサポーターたちの魂の戦いの記録である。

権力という巨塔と本意ならずとも戦わざるを得なかった迫真のドキュメンタリー

僕自身、我那覇がドーピング疑惑をかけられ、一時はクロと判断されたがCASの裁定によってシロとなったという事実だけは知っていた。ただ、疑惑がかけられたとの報道から潔白が証明されるまであまりに長い期間(約1年)がかかっていたこともあり、あまり注視はしていなかったのが事実である。それが本書を読んで、他人ごとだと思ってドーピング疑惑のことすら頭から消えていた自分のことを恥じた。これは権力という巨塔と戦うため、そして今後一切同じ思いをするアスリートが出ないように全身全霊をかけて立ち上がったチーム我那覇の情熱大陸である。

「戦う」という言葉は本書タイトルから分かるように我那覇本人も好んで使いたくない表現かもしれない。しかしあくまで我那覇をクロというのであれば「本意ではない」が徹底的にやろうと、決意を込めた戦いの記録でもある。

6章の「美らゴール」はチーム我那覇の友情ストーリーであり、涙無くしては読むことができない。元ビーチサッカー日本代表で我那覇の高校の先輩にあたる新城正樹氏の「ちんすこう募金」活動、それに全面協力するフロンターレサポーター、等々力競技場近辺の施設の支援など、友を想う気持ちが理屈抜きに身体を動かしている様は胸を熱くさせる。フロンターレサポーターがクラブと良い関係を築けていることは『僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)』(筆者のレビューはこちら)に詳しく書かれており、著者の天野春果氏も登場するので併せて読んでおけばストーリーが臨場感を増してイメージできる。

長谷部も絶賛、日本サッカー本大賞2012にも選ばれる

本当にこの本は素晴らしくて、サッカーを愛する人はもちろん、サッカーとは関係のない人にも是非読んでもらいたい。「争い」が少なからず含まれているし、「悪しき文化とそれを打破するために立ち上がった正義」という権力と戦う構図がないわけではない。しかし、悪役は置いておこう。これはサッカーを愛する人たちの情熱と我那覇和樹への想いが結実した友情のストーリーである。読後感も良い。

少しでも多くの人に読んでもらいたくて、本書を推薦するための権威の力を2箇所からお借りする。

●長谷部誠もブログで本書を絶賛

僕自身、自分の著書を出版させていただいてから、その影響もあり有難い事に他の方が書かれた本の帯の推薦文や本の宣伝や、本の取材などの依頼を沢山頂きました。
(中略)
この約一年間、全ての本に関する取材、宣伝を断らせて頂いてきました。
勿論、このブログも例外ではなかったはずです。

ただ今回、著者のジャーナリストとしての崇高な誇りのようなものを魅せられ、ぼくのそんなちっぽけな想いを恥じ、素晴らしいものは素晴らしいと紹介させて頂きました。

本物のサッカー人|長谷部誠オフィシャルブログ Powered by Ameba より引用)

●日本サッカー本大賞2012を受賞

サッカーキングが発表している日本サッカー本大賞2012において、大賞を獲得したのも本書である。番外、3位、2位は全部未読だ・・。

募金活動と、我那覇のこれから

CAS裁定のために我那覇が最終的に負担しなければならない額は3400万円にものぼり、現在も「ちんすこう募金」への寄付の口座は開かれている(2013年4月24日に口座を閉鎖 「ちんすこう募金」振込口座終了のお知らせ « 集英社インターナショナル 公式ブログ )。僕も微力ながら、そして今さらながらではあるが気持ちを寄付させていただいた。

我那覇は現在FC琉球のエースとして活躍中である。FC琉球は現在JFLに加盟しており、2014年に発足するJ3への加入を目指して活動中のチーム。沖縄のチームがJ2、J1へと上がってきたら盛り上がるだろうな。純粋に、がんばってほしい。美らゴールを、Jの舞台でも見せてくれ!

P1010053.JPG 2007年4月21日 浦和レッズVS川崎フロンターレの試合にて筆者撮影。
このシーズンACLを制覇するレッズからアウェーで貴重な勝ち星をあげたフロンターレ、我那覇も1得点した。9番が我那覇。この試合のときにすでに体調が悪く、2日後の4月23日の練習後にドクターの処方を受け、それがドーピング冤罪事件のきっかけとなってしまう。結果としてこの日の得点がシーズン唯一の得点となった。



tags ちんすこう募金, 争うは本意ならねど, 我那覇和樹, 木村元彦, 美らゴール

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3