p-home-01.jpg

タグ「佐藤寿人」の一覧

御託はいいから一度呼んでよ、というのが本音ではあるのですが。

国内組で臨むことが明言されていた東アジア選手権の代表メンバーが本日(2013年7月15日)発表された。豊田、工藤、大迫、おおいに結構である。今後の日本代表を背負って立つ可能性を秘めた選手たち。活躍を期待したい。

しかし、しかしである。ああ、佐藤寿人。ついぞ、このタイミングでも招集されず。Jリーグで活躍しつつ、普段から代表に呼ばれていないメンバーで今回の東アジア選手権に呼ばれなかったということは、今後ザッケローニに招集されることはないと言ってよいだろう。代表としての活躍は絶たれたといって過言ではない。ああ、半ば予想していたこととはいえ、なんたることか。日本という国はついぞこの稀代のストライカーを活かすことができなかった。

とはいえ、僕はザッケローニの考えもある程度分かっているつもり。佐藤寿人を呼んでほしいというのは、冷静に考えれば矛盾しているし、単なるわがままに過ぎない。なぜザッケローニは佐藤寿人を呼ばないのか。それを整理しておきたいと思う。

怒られるかもしれないし自分で書いていて歯がゆいが、端的に言って呼ばれない要因は身長。もう少し言えば、身長からくる攻撃のプレースタイルの不一致、セットプレー守備時のデメリットの2点である。

身長からもたらされる非優位性 攻撃編

佐藤寿人のサッカー人生は、170センチというストライカーとしては決して大きくない身長との戦いの連続である。『小さくても、勝てる。』(筆者のレビューはこちら)という著書のタイトルにもその決意が表れている。

著書の中に、このような記述がある。

何度も繰り返しているが、僕は身長が低い。
ズラタン・イブラヒモビッチのように中央でどっしりと構え、味方のクロスを待っていても、身長170センチの自分が普通に競り合えば、間違いなく弾き返されてしまう。それだけに僕の場合はペナルティボックスの中でいかにスペースを作り出し、いかにシュートコースを開け、いかにシュート体勢に入るかが重要になってくる。(P.91から引用)

ここで重要なのは、佐藤寿人はやはり生粋のストライカーであり、最後は自分が決めるというイメージを重視しているということである。自分が決めるために、小さくてもできることは・・という順番が伺えるし、本書の中でもエゴイストであれと自ら謳っている。

一方でザッケローニは、必ずしも1トップの選手にフィニッシャーとしての期待をしていない。もちろん、かつてのビアホフのようにサイドアタックからドカンを想定はしているだろうが、日本人にそこまで期待できないことも理解しているだろう。1トップの選手はあくまで「崩しの一員」であり、中央に構えるため必然的に体格で相手を押さえつけられるようなフィジカルが重視されることとなる。そして香川や岡崎をFWとして登録しているように、彼らこそが実はフィニッシュを期待されている要員とも言える。

崩しを考えたときに、どうしても1トップにはポストプレーが期待されるような戦い方をしており、それは佐藤寿人のプレースタイルとはマッチしないと、そういうことなのだと思う。

身長からもたらされる非優位性 守備編

サッカーキングに掲載されている岡田康宏氏のコラムザックジャパンの新戦力に求められる「高さ」が分かりやすいが、特にセットプレーの守備時に日本は高さが足りないのである。高さという目をつむっても起用したいと思わせるくらいのメンバーが既に存在し、それは長友、香川、遠藤である。そもそも香川はセットプレー時には守備に入らず、1人だけ前線にポジショニングをしている。それだけで相手はカウンターを警戒しなければならないので、十分に「守備」としての機能は果たしているかもしれないが。長友、遠藤もすでに日本には欠かせない主力である。となると、残りのメンバーには必然的に高さが求められ、それは内田篤人ですら例外でなく、酒井宏樹をちょくちょく使っているのは高さという理由があるからに他ならない。ましてや、本田が不在という事態になればさらなる高さ不足は深刻で、1トップ人材がセットプレー守備時に果たす役割がバカにできないのである。

先日のコンフェデ準決勝のスペイン対イタリア戦において、スペインは攻撃時に必ずしも機能しているとは言いがたかったフェルナンド・トーレスをずっと交代させずに使い続け、延長に入っていよいよ交代というときに代わりに入ったのがなんとボランチのハビ・マルティネスでド肝を抜かれたことがある。しかもハビ・マルティネスはそのまま1トップに入ったのである。ビジャがまだベンチに控えていたのに、である。

この意図について試合後、デルボスケ監督はこのように語っていた。

「ハビ・マルティネスの寛大さと献身さは際立っていた。我々はフィジカルの強い選手を必要としていた。また、高さで負ける訳にはいかなかった。彼はチームに新鮮な活力を与えてくれた」
「我々は空中戦で苦しみ続けていたので、あれ以上高さで負ける訳にはいかなかった。それゆえ、ゴールゲッターよりもフィジカルの強い選手を必要としていた。そういった意味で、自陣のペナルティエリアから敵陣のペナルティエリアまで、あらゆるポジションで強さを見せられるハビ・マルティネスは、あの場面で最適な選手だと考えた。事実、彼はチームに新鮮な活力を与えてくれた」(スペイン代表指揮官、イタリア戦でサプライズ起用 | サッカーキングより引用)

スペインでさえ、ここまでセットプレーの守備には気を揉んでいる。それくらい大事な要素ということだ。

また、アンチェロッティは『欧州サッカー批評(5)』のインタビュー(PSG監督就任時)において、バルサ対策を以下のように語っている。(現在は【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論(前編) | フットボールチャンネルでも読むことができる)

いずれにせよ、今のバルサと対峙するには彼らが備えていない部分で勝負すべきだ。それは"kg"と"cm"。つまりはパワーと高さ。ここにより多くの比重を割いた戦い方を実践しなければならない。(P.5より引用)

これはバルサ対策ということなので普遍化できる話ではないが、やはりバルサのティキタカに全世界が傾いた時代から少しずつフィジカル重視の時代に揺り戻しが発生しているてことは確かである。実際、バルサはバイエルンの高さ(だけではないけれど)の前になすすべなく敗れさっている。

このような状況で、果たしてザッケローニが170センチの佐藤寿人を1トップで起用するかといえば、難しいと言わざるを得ない。事実、東アジア選手権に呼ばれた1トップ候補の選手たちは豊田陽平185センチ、大迫勇也182センチ、工藤壮人177センチである。工藤の身長は決して高くはないが、佐藤寿人170センチに比べればずいぶん高いし、フィジカルも弱い選手ではない。身長が低くても1トップに入るためには、長友や香川くらいの優位性を代表にもたらさないと難しいということである。

しかしそれではなんとも切ないではないか・・

身長の低さゆえに身につけたプレースタイルでJリーグで得点を量産しても、代表には身長ゆえに選ばれることがない。この如何ともし難い状況、どうにかならんのか・・。Jリーグで10年連続2ケタ得点、ハンパなストライカーでは成し得ないでしょう。

佐藤寿人は自著の中でも、このように記している。

現役選手である以上、日本代表は目指していく。(P.170から引用)

どうにか、佐藤寿人に一度チャンスを与えてあげたい。矛盾しているしワガママだけど、誰かどうにかして一度で良いからこの不屈のストライカーにチャンスを与えてあげることができないのだろうか。



tags 佐藤寿人, 日本代表, 身長


170センチのストライカー、佐藤寿人の思考とは。

2012年までにJ1/J2合計で167得点。これは歴代トップの記録である。2013年は15節終了時点で12ゴール決めており目下得点王、10年連続2ケタ得点を達成した佐藤寿人の勢いはとどまるところを知らない。

そんな佐藤寿人は、小さなころから身長によるコンプレックスとずっと戦ってきたという。しかし、技術は練習で磨けても身長はどうすることもできない。そこで佐藤寿人が意識したこととは何か。

本書はタイトルにもある通り、「小さくても、勝てる。」という佐藤寿人が歩んできた歴史そのものを本人の視点で語り尽くしたものである。

すべてのゴールを言葉にして説明できる

佐藤寿人曰く、ごっつぁんゴールでさえ説明が可能とのこと。ここに、佐藤寿人がプロとして活躍を続けられる所以がある。

そんな僕がプロとしてここまでやってこれたのは、ゴールを奪うために、「思考」することをやめなかったからだと思う。僕は壁にぶち当たるたびに、挫折するたびに、どうプレーしたらいいか、ずっと考え続けてきた。(P.3-4から引用)

動き出しの早さや得点する感覚などは、すべて思考の結果、そして経験から培われたものであって、それが佐藤寿人をストライカーとして成り立たせているということなのだそうだ。だから、テレビで海外のサッカーも観る。そこに上手くなるためのヒントがあるから。バティストゥータやインザーギには随分と感化されたようである。

だからこそ、こんな発言を力強くできるということなのだろう。

2012年シーズンは34試合に出場して22ゴールを決め、初めてJ1得点王になることができた。その22得点すべてが偶然生まれたものではなく、考え、準備し、そして動いたからこそ生まれたゴールである。(P.58-59から引用)

双子の兄勇人の存在、そしてキャプテンとして

本書では本人ならでは、という佐藤寿人ファンにはたまらないエピソードも多数盛り込まれている。その中でも際立つのが、双子の兄である佐藤勇人との関係だろう。お互いライバルでありながら仲間、そしてかけがえのない兄弟でもある。佐藤勇人がジェフ千葉の一員としてJ1/J2入れ替え戦に挑んでいる同じ時期に、佐藤寿人はJ1で優勝争いの佳境を迎えていた。

そんな状況における2人のメールのやり取りが全文公開されていて、思わず目頭が熱くなった。やはり兄弟っていいな、とそう思わずにはいられない。

また、キャプテンとしてどのような考えでチームを引っ張っているかについての言及も多い。特に、自分自身が若い頃に試合に出られないような経験もしていることから、若手には気を使いながら気持ちを汲んで接しているようだ。ただ、漠然と練習していても成長はないので、そこは奮起を期待しているようである。

監督から与えられたトレーニングメニューをただ漠然とこなすのと、これは試合の何をイメージしているのか、どういう状況に有効なのかを考えて練習するのとでは、吸収できる量や質が違ってくる。(P.138から引用)

これはビジネスでも同じことが言える。単に与えられた業務をこなすだけの人と、全体像や自分の仕事のアウトプットが何に使われるかをイメージして仕事している人とでは、成長のスピードがまったく異なる。この辺り、若いころはイメージしにくい人もいるので、キャプテン佐藤寿人みたいな人に早く出会えているということは選手にとって幸せなこと。そこから第二第三の佐藤寿人が出てくることを祈るばかりである。

全体を通じて伝わってくる誠実さ

佐藤寿人は、なんとなく愛されているイメージがある。サンフレッチェのファンではなくても、佐藤寿人のことを悪く言う人は少なくとも出会ったことがない。得点を量産しているのに代表になかなか呼ばれないという悲劇のヒーロー的な側面が日本人のメンタリティにあっているのかもしれない。

ただ、本書を読めば愛される理由が決してそれだけではないことが分かる。J2降格の憂き目にあったときの本人の選択。海外クラブからの打診への対応。お金よりも大事なものがあると、言い切れる心意気。

もちろん、お金を大事にしている選手が悪いわけではない。ピッチで結果を出すことが選手としては最優先事項だから、それ以外の要素に部外者がとやかく言うことはできない。しかし、にじみ出る人の良さというか、他人思いで誠実なところ、これが惹きつけているのだと思う。そういった側面も本書からしっかりと受け取ることができる。

今後佐藤寿人の代表招集はあるのか

これはまた別途記事をあげようと思っているが、ザッケローニが佐藤寿人を使うことは、おそらくないと思う。ただ、7月末に開催される東アジア選手権、これに招集される可能性はおおいにある。そこで結果を残せるか。己の力を試す機会もなく2014年を過ごすのではあまりにかわいそうである、というくらいの実績をもった選手。活躍を楽しみにしたい。



tags サンフレッチェ広島, 佐藤寿人, 小さくても、勝てる

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3