p-home-01.jpg

タグ「内田篤人」の一覧


欧州で活躍する日本人サイドバックについて概観を理解する初学者向け新書。

日本人サイドバックの欧州での活躍が目覚ましい。長友佑都、内田篤人、酒井宏樹、酒井高徳。ザックJAPANのサイドバック枠は欧州組で独占されている。彼らがなぜ欧州で活躍できているのか、複数の視点から紹介しているのが本書である。

ただし、サイドバックを活用した攻撃の構築や戦術などの深堀りは少なく、図の使用もない。動き方についてはステレオタイプな指摘にとどまっており、あくまで広く浅く知りたい人向けと考えたほうが良い。

本書の最大のポイントは徳永悠平のインタビュー

記憶に新しい東アジア杯2013。攻撃陣で評価を高めたのが柿谷曜一朗や豊田陽平であるならば、守備陣で評価を高めたのが徳永悠平だろう。

特に韓国戦での活躍は眼を見張るものが合った。槙野に代わって途中出場するやいなや守備の安定をもたらし、「守備的に戦いたいときのオプション」として一気に代表メンバー戦線に名乗りを上げた感もある。23名という限定された枠を考えればサイドバック専門家を4人も呼ぶ必要性は低く、先に挙げた欧州組4人に割り込む余地はあると考えられる。

本書ではそんな徳永について、「ロンドン五輪選手が語る日本人サイドバックの"いま"」としてインタビューを試みている。もちろん、東アジア杯が開催される前の話である。その他の章がドイツ人の代理人トーマス・クロート氏や、日本人プロ第一号としてドイツでサイドバックとして活躍した奥寺康彦氏へのインタビューで構成されていることから考えると、徳永へのインタビューも「日本代表のサイドバックを語る第三の視点」を意図していた可能性が高い。それが仮に日本代表に定着することとなると、本書のインタビューが貴重なものになり、脚光が集まることになるかもしれない。

徳永はもともと能力の高さは折り紙つきであったが、何の因果か代表に定着することはなかった。しかしロンドン五輪のオーバーエイジ枠での安定した活躍が示すように、高い守備力と惜しみない運動量による攻撃参加は十分世界に通用するものである。本書にも以下の記述がある。

関塚監督は徳永の選出理由として「最終ラインの建て直しを図ることができる人材」と語っていたが、徳永がいたからこそベスト4にまで上り詰められたと言っても過言ではない。(P.90から引用)

センターバックもこなすことができる徳永はブラジル行きの可能性もおおいにあり得ると個人的には思っている。国内からサイドバック枠に名乗りをあげれば、それはまた日本がサイドバックの宝庫として世界に質を証明することにつながり、うれしいことである。



tags なぜ日本人サイドバックが欧州で重宝されるのか, 内田篤人, 徳永悠平, 長友佑都


15万部売り上げたウッチー本、いささか懐疑的だったけど読んでよかった。

普段は選手の本はあまり読まないが、15万部も売り上げたということはもちろんウッチー自身の人気もあるだろうけど書籍として良いものであるからだろうと思い、文庫版が出たことをきっかけに手にとってみた。

タイトルもあおり気味だし、なんとなく懐疑的に見ていたことを素直に謝りたい。ウッチーのマジメで真摯な人柄、ウッチーの考え方やピッチ外での行動の真相など、実直に伝わってくる良書だった。

鹿島への愛情と、勝利へのこだわり

すごく共感できた部分が2つ。鹿島への愛情と、勝利へのこだわり。

鹿島への愛情について。

昨今は若くして海外へ挑戦する選手が続出している。それ自体は決して悪いことではない。しかし、ひとつのクラブとして考えた場合、事情は複雑である。海外に行きたい選手がいればその意志を止めることはできないので、契約満了に伴って移籍すれば所属していたクラブは0円で放出しなければならなくなる。クラブとしては選手と向き合ってエンゲージメントを高め、たとえ海外に挑戦することは仕方ないにしても、移籍金を残してもらいのが本音であろうと思う。

ウッチーはこのように語る。

海外移籍を意識するようになって、代理人のアッキー(秋山祐輔)に強く要望したことがある。
それは、海外に移籍する場合、鹿島にきちんとした移籍金を残すこと。残りの契約期間に応じてではあるけれど、1億円を超える移籍金が支払われなければ、移籍できないように契約書に明記してもらった。
そこは僕の譲れない条件だった。
1年目から鹿島で試合に出させてもらって、リーグ3連覇も経験させてもらった。それで「じゃあ、移籍するね」というのだから、僕の心情として、少なくとも億単位のお金を残さないと移籍できなかった。(P.61から引用)

このくだり、ウッチーにひたすら共感した。リスペクトといってもいい。もちろん移籍金を払ってでも獲得したいと思われるためには良い選手でなければならないのでその努力をした結果であるのだけれど、そういう考えができること自体、サッカー選手という存在を超越して人間として尊敬できると思った。

勝利へのこだわりについて。

良い内容、では決して納得しない。勝たなきゃ意味がない。そういえば日本代表の欧州遠征でブラジルと試合をして負けたときも、コンフェデで3連敗だったときも、「いい内容だったとしても勝たなきゃ意味がない」という趣旨のことを言っていたような気がする。

このメンタリティを鹿島で養えたことはウッチーにとってすごく大きかったように思う。

鹿島で一番影響を受けたのは、サッカーは勝たなきゃ意味がないという考えだった。良いプレーじゃなくて、勝つためのプレーを積み上げる。常にゲームの流れを読み、どうすれば勝てるのかを徹底的に考える。技術は、勝利を実現するための手段のひとつという意識。(P.55から引用)

もちろんファンがどう考えようとそれは自由。個人的には今回のコンフェデで3連敗したことは悔しいけど、それでもW杯でベスト16にしかたどり着いたことのない国がブラジルやイタリアと試合してそうそう勝てるものでもないとも思ってる。だけど当事者である選手が「勝たなきゃしょうがない」っていうのは、これはこれで納得感ある。

でも、選手から見れば、どういう形でもいいから、勝ちゃいいんだ。
勝ちゃ、評価される。
逆に勝たなければ評価もされない。
サッカーってそういうものだと思う。(P.117から引用)

結局、最後の頼れるのは自分

タイトルは『僕は自分が見たことしか信じない』だけど、これは少しミスリードな気がしている。最後に頼ることができるのは自分しかいない、だからこれまでの自分の経験から紡ぎ出される判断がとても大事。それをブレたものにはしたくない。と、そういうニュアンスだと思う。

その信念や、周りに惑わされたくないという気持ちなどが本書を通じてひしひしと伝わってくる。こういうの読んじゃうと、もう応援するしかなくなるね。どちらかというと長友派だったけど、ウッチーも捨てがたいな。

シャルケ04でつけている22番にも愛着を感じているようだし。

飲食店に行って、番号つきの下駄箱があれば「2」を選ぶ。「2」が空いていなかったら、「22」。さらになければ、「2」のつく番号を探す。トイレは、右サイドバックだから、右から2番目。空いていなければ、仕方なく左から2番目だ。
シャルケ04に移籍してきたときは、2番がガーナ人のサルペインがつけていて、空いている番号のなかから2の重なる22番を選んだ。当時、22歳だったので、これはこれでちょうど良かった。ちなみに、今のシャルケで2番は空いているのだけれど、22が気に入っているから変えるつもりはない。(P.41-42から引用)

僕は、22番が好きなので(参考:永遠の22番、トルステン・フリンクス引退)、22番に愛着感じてるなんてステキ。

ウッチー応援するしかないな。そんな気持ちにさせられる、まっすぐな一冊。



tags うっちー, ウッチー, シャルケ04, 僕は自分が見たことしか信じない, 内田篤人

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3