p-home-01.jpg

タグ「岡田武史」の一覧


サッカーを知り尽くしたイタリア人監督5名による岡田ジャパンへの的確な指摘。

岡田ジャパンは結果的に南アフリカW杯でベスト16に入った。岡田監督は日本で初めてアウェーのW杯で勝利と決勝トーナメント進出の歓喜をもたらした監督となり、名将と崇められている。しかしW杯が始まる前、特に日本での親善試合のセルビア、韓国に連敗した時期はメディアから総バッシングを受けていた。サポーターも口々に「日本はダメだ」とつぶやき、主たるサッカー解説者はこぞって日本の予選リーグ敗退を予想していた。

では、その時期の岡田ジャパンのサッカーのどこがダメで、どのように改善すればよくなったのだろうか。もちろん当時も様々なメディアが問題の指摘をしていた。無駄な走りが多い、後半にバテてしまう、得点のパターンが見えない、などなど。メディアという特性上そこには「分かりやすさ」が必要で、その最たる例が切り札論である。香川を使え、小笠原を呼べ、宮市はどうだ、と紹介された「日本代表候補」は枚挙にいとまがない。しかしサッカーはそう単純なものではない。人を変えればうまくいくのであれば誰もがやっている。交代を早めればうまくいくなら誰もがやっている。サッカーは複雑系だから、局所的な見地では当て感と相違ない。大局的なアプローチが必要である。

そこに真摯に解答を示してくれているのが本書である。イタリア人監督5名が日本代表の試合の映像を見て、特に守備面について多くの指摘を与えてくれている。分析対象の試合はワールドカップ予選のウズベキスタン戦、オーストラリア戦、カタール戦、キリンカップのベルギー戦、ヨーロッパ遠征のオランダ戦、ガーナ戦である。

本書の優れているところは、何より図を多用して解説してくれているところである。抽象的な戦術論ではなく、試合の中で実際に発生したシチュエーションをもとに具体的な解説をしてくれている。パスコースが限定されていることや、サイドバックのポジショニング、プレッシャーの掛け方が中途半端で逆に相手の攻撃を加速させていることなど問題ケースは枚挙にいとまがない。解説の中には「ん?それはこういう意図があったからだろう」と指摘したくなることもあるが、具体的で実際に発生したプレーに対する指摘なのでこちらの意見との相違が明確になり自分の中に落としこみやすい。意図が明確なプレー解説は自分のプレーに対する考え方の体系的な整理にも役立つ。

映像を見ながら問題のシーンを切り取って具体的な指摘をすることはそう簡単にできることではない。本書の中でも5人の監督の貢献を次のように表現している。

5人いずれもが、異口同音に「日本代表監督とそのスタッフ、全選手に対して最大の敬意を払って分析を行いたい」と繰り返し述べていたことを改めてここに記しておきたい。(P.8から引用)

結果として岡田ジャパンは中村俊輔を中心としたパスサッカーおよび前線からのプレスから戦術変更をしてワールドカップに臨んだため、5人のイタリア人監督が見た日本代表とはずいぶんと趣の異なるサッカーでW杯ベスト16入りを果たすこととなった。いつかまた主導権を握るサッカーでW杯上位進出を目指すとき、本書の内容が参考になるときがくるだろう。

RIMG0046.JPG
2010年6月14日の南アフリカW杯日本対カメルーンの試合にて筆者撮影。日本は1-0でカメルーンを退け自国開催以外のW杯で初勝利をあげた。



tags 世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス, 中村俊輔, 南アフリカW杯, 岡田武史


勝負の世界を知り尽くした岡田武史氏と羽生善治氏の至高の対談。

サッカーについて考えを巡らせていると、いつも突き当たる壁がある。それは、サッカーにおいてサイエンスとアートの境目はどこなのか、ということである。

戦術という言葉がある時点で、サッカーにはパターン化された攻め方や守り方というものが存在している。戦術という表現が大局的すぎると感じるようであれば、作戦でもプレーでも何でも構わない。とにかくそこにサイエンスは一定程度存在し、サイエンスをおざなりにしては試合には勝てない。

一方で、パターンばかりに頼っていては「自主性がない」「状況判断が悪い」「ひらめきが足りない」と揶揄される。特に最後のゴール前をこじ開けるアタッキングサードにおけるプレーはどちらかといえばアートの側面が強くなる。

ではその境目はどこにあるのか。その解のない問いに対し、勝負を知り尽くした岡田武史氏と羽生善治氏が本書の中で経験的な回答を示してくれている。

論理と直感の関係について、岡田氏は以下のように語っている。

一定水準まではデータ重視で勝てる。しかし、確率論では勝ち切れないレベルが必ずやってくる。そうして、ほんとうの勝負はじつはそこからだ(P.16より引用)
ひらめきの正体は何ですかという質問を受けるんですが、私のとぼしい語彙ではうまく言語化出来ないんですよ。ピンときた、カンが働いたとしかいいようがないし、カンの中身を問われても説明はむずかしいんです。
ただ、それが天から突然、降ってくるものではないことは確かです。
(中略)
答えを模索しながら思考やイメージをどんどん突き詰めていくうちにロジックが絞り込まれ、理屈がとんがってくる。ひらめきはその果てにふっと姿を見せるものなんです。だから、その正体は意外なくらい構築的なもので、蓄積の中から生み出されてくるという感触がある。助走があって初めて高く跳べるようにね。(P.21-22から引用)

羽生氏もこの内容に完全に同調している。将棋においても、理詰めの先にこそ直感があるとのことだ。

僕は「構築的」という表現を目にしただけで本書を購入した意味があると感じた。サイエンスとアートの境目について、これ以上的確な表現を目にしたことがない。単純な取材として岡田氏のインタビューを収録したわけではなく、羽生氏との対談という形を取ったからこそ引き出せた言葉なのかもしれない。企画をした人に感謝である。

その他、リスクテイク、集中力、メンタル、勝負の美学などに関する2人の考え方や、南アフリカワールドカップにおける裏話も掲載されている。もちろん、将棋についての羽生氏の考え方も素人にも分かりやすく語ってくれている。対談形式であるので読みやすく、さらっと素晴らしい表現が登場するので集中を欠くことなく最後まで一気に読みきれる。



tags 勝負哲学, 岡田武史, 構築的, 羽生善治, 論理と直感

このページの上部へ

プロフィール

profile_yohei22 yohei22です。背番号22番が好きです。日本代表でいえば中澤佑二から吉田麻也の系譜。僕自身も学生時代はCBでした。 サッカーやフットサルをプレーする傍ら、ゆるく現地観戦も。W杯はフランスから連続現地観戦。アーセナルファン。
サッカー書籍の紹介やコラム、海外現地観戦情報をお届けします。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_2920.jpg
  • IMG_1540.jpg
  • IMG_1890.jpg
  • enders_deadly_drive.jpg
  • 2013年度純損失クラブ一覧.jpg
  • IMG_1825.jpg
  • fractal01.jpg
  • hata_seminarL.jpg

コンタクト

Powered by Movable Type 5.2.3