Happy 20th birthday dear J.LEAGUE!!

プロ化するということがどういうことか、当時はよく分かっていなかったかもしれない。
20年前、世間はJリーグフィーバーだった。全てのスタジアムは超満員で膨れ上がり、チケットを手に入れることは困難を極めた。往年の海外スーパースターがこぞって来日し、Jリーグに華を添えた。筆者は中学2年生だった。

あれから20年。

ブームもあれば失速した時期もあった。歓喜も悲哀もあった。自国リーグの総合力がベースとなる代表チームは、信じられないペースで成長し、アジア最強の地位を築き、世界でベスト16に入る成績を2度も収めた。男子にやや遅れて成長してきた女子サッカーは、男子の成績をはるか飛び越えてW杯で優勝という空前絶後の大快挙を成し遂げた。20年で協会も、監督も、選手も、ファンも、メディアも、少しずつ、少しずつ、成長、成熟して、サッカーがあることが特別なことではなく日常となってきた。

一朝一夕では文化は根付かない。ローマは一日にして成らず。一過性のイベントではなく、日常に、すぐそばにある存在としてサッカーをはじめとしたスポーツがある。街にスポーツが根付く。そういう世界観を形成するために、Jリーグ百年構想は存在する。

欧州の諸外国に比べて見劣りすることもある。しかし我々のプロサッカーはまだ20年だ。20年前は考えられなかったような経験ができている。とても良い20年を過ごせているのではないだろうか。

日本代表ばかりにうつつを抜かしている場合ではないな。すぐそこに、Jリーグがある幸せを、もっと噛みしめないと。

ちなみに、これまでのベストゴールの動画集やユーザー投票によるベストイレブンなどを決める企画がJリーグクロニクルベスト開幕20周年記念として行われている。

IMG_0739.JPG 2013年5月11日、Jリーグ20周年アニバーサリーマッチの浦和レッズVS鹿島アントラーズの試合にて筆者撮影



tags Jリーグ20周年